logo

マクドナルドが子供たちの防犯をサポート 平成27年度の新入学児童を対象に防犯笛を贈呈

日本マクドナルド株式会社 2015年04月09日 15時41分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、今年小学校に入学した全47都道府県の新1年生を対象に、計86万5617個の防犯笛を贈呈致しました。

防犯笛は、吹くと「ピーッ」と大きな音で危険を知らせることができ、子供たちの安全に役立つ便利な防犯グッズです。マクドナルドでは、店舗が地域の要請を受けた2003年の沖縄県での贈呈を皮切りに、地域の教育委員会や警察などと協力して毎年新入学児童に提供してまいりました。

当活動を開始した2003年以来、年々全国規模へと拡大し、今年は86万5617個(新1年生の約80%)を全47都道府県において配付(2015年4月8日時点)致しました。これにより、活動13年目で700万個以上を配付しております。

マクドナルドでは、安全で安心な地域づくりに協力すべく、防犯笛贈呈活動をはじめ、“ドナルド・マクドナルド”による防犯教室の開催や、子供が街頭で犯罪に巻き込まれそうになったときなどに助けを求めて駆け込むことのできる「子ども110番の家」の推進なども行っております。

“ドナルド・マクドナルド”による防犯教室は、入学を機に新たな世界が広がり大人の目が届かないことも増える子供たちが「自分の身を守り犯罪に巻き込まれないようにするには普段からどうすればいいのか」について、子供たちと一緒に考えます。授業形式で進むこのワークショップは、普段近隣の店舗で会っている“ドナルド・マクドナルド”とクルーが行うことで「親近感を持った子供たちは授業に釘付けとなり、活発な意見発表や真剣にシミュレーションに参加していた」と学校の先生方より好評をいただいており、今年も引き続き実施致します。

マクドナルドはこれからも、“あなたの街とともにあるマクドナルド”として、地域に根づいた店舗の活動を通じて、地域貢献活動を積極的に推進してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。