logo

外資系の飲食が集客の新たなけん引役に ー東京不動産市場四半期レポート―

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント株式会社 2015年04月09日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015年4月9日

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド

外資系の飲食が集客の新たなけん引役に ―2015年第1四半期 東京オフィス・リテール賃貸市場レポート―

 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W 米国・ニューヨーク)はこのたび、2015年第1四半期(1月1日~3月31日)の東京不動産賃貸市場調査レポート(オフィス編・リテール編)を公表しました。以下はその要約です。

1.オールグレードのオフィス市場の平均賃料は前四半期比微増、平均空室率は微減にとどまっており、市場は改善基調であるものの、その動きは緩慢でした。

2.2015年に見込まれるオフィス床の新規供給量が過去10年間の平均以下であることを考慮すると、今後もグレードA(築10年以下かつ貸床面積3,000坪以上)市場は上昇基調が続くと予想されます。

3.一方、主要商業地のリテール賃貸市場においては、アパレルの優勝劣敗が鮮明になってきており、日系・外資を問わず不振店舗の閉鎖が相次ぎました。

4.アパレルをはじめとする物販と対比して、外資系の飲食は出店意欲が旺盛です。商業施設側もこれらのテナントを新たな集客のけん引役と位置づけ、積極的に誘致しています。

5.主要商業地の賃料はかなり上昇しており、今後、テナントの企業体力や出店戦略の優劣が問われるでしょう。 
                            以上
■本レポートを含め、アジア太平洋地域の主要都市のレポート(英語)は以下をご覧ください。(東京のみ最終ページに日本語あり。)
リンク
■本レポートに関する照会先
●柳町啓介 ヘッドオブリサーチジャパン 直通03-3596-7098 keisuke.yanagiamachi@ap.cushwake.com  
プロフィール:建設企業で大規模商業施設の設計、みずほ信託銀行で証券化不動産実務、CBREで調査・分析業務に従事。オックスフォードブルックス大学国際不動産学修士、早稲田大学国際不動産研究所招聘研究員、日本不動産金融工学学会会員、一級建築士。
●工藤浩樹 アソシエイトディレクター(リテールサービス) 直通03-3596-7074 hiroki.kudo@ap.cushwake.com
プロフィール:日本における商業用不動産の専門家として19年を超える経験を持ち、現在、リテールサービスの分野に携わる。当社入社前はCBREでリテール・オフィス等のリーシングに従事。外資系リテイラーのインバウンドビジネスをサポートした。
■クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて
C&Wは1917年ニューヨークで創業した、世界有数の総合不動産サービス会社です。全世界約60カ国におよそ250の拠点、16,000名以上のプロフェッショナルを配置しています。C&Wの詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。 
リンク
■留意事項 本資料は情報提供のみを目的としており、投資の勧誘を目的としたものではありません。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。