logo

銀聯国際がDinoDirectと協力し国境を越える支払いの便宜提供

銀聯国際 2015年04月09日 12時23分
From 共同通信PRワイヤー

銀聯国際がDinoDirectと協力し国境を越える支払いの便宜提供

AsiaNet 60097(0471)

【上海(中国)2015年4月8日新華=共同通信JBN】銀聯国際(UnionPay International)は8日、国境を越えるオンライン取引でDionDirect Ltdと協力関係を結び、DionDirectのB2CプラットフォームのDionDirect、B2BプラットフォームのOsellと関連するウェブサイトが中国本土以外で発行された銀聯カード(カード番号が62で始まるもの)を受け付けられるようにする。

銀聯国際が中国の国境越え電子商取引会社と協力関係を樹立し、海外のカード保有者が中国の電子商取引プラットフォームで銀聯カードで支払えるようにするのはこれが初めてである。

中国の消費者は外国製品を海外のプラットフォームで安く買えるが、ますます多くの海外の個人、小売業者が中国製品へのアクセスを望んでいる。中国最大の国境越え電子商取引プラットフォームの1つとしてDinoDirectのビジネスは中東、東南アジア、南米、中米、東欧で200以上の国・地域をカバーしている。

両社の協力関係は、中国の国境越え電子商取引ウェブサイトで買い物をする海外の企業オーナー、個人にとって便利になるだけでなく、国内メーカーが世界の消費者、小売業者に製品をより安く、高い効率で販売するのを助け、中国の製造業界の「対外進出」プロセスを推進することになる。

次の段階として銀聯国際は中国の小売店からの購入を望む海外バイヤーの要望をよりよく満たすため、国境越えの電子商取引向けにデザインされたコマーシャルカード製品を海外市場で展開することも計画している。

海外の企業オーナー、個人はUnionPay Online Payment(UPOP)で支払うことができ、高度の安全保証を受けられる。

中国本土以外で発行された銀聯カードの数は増加を続けており、銀聯国際は海外でカードを使うことの特典、サービスシステムを改善する努力を強化しており、国内のカード所有者が「1枚のカードで世界で買い物できる」経験を楽しめるようにすることにコミットしている。

現在、4000万枚近い銀聯カードが中国本土以外の40カ国・地域で発行されており、銀聯カードは世界のますます多くのカード所有者に認められている。

今では銀聯カードの所有者は海外の1000万のオンライン商人から直接購入することができる。銀聯カードはAmazon、eBay、楽天、Agoda、Bookingなど多くの有名なオンライン市場が受け入れている。一方、カード所有者は母親向け、子ども向け製品、化粧品、衣類、食品を含む温かく歓迎される外国製品を銀聯のHaigouプラットフォーム「世界の買い物」を通じて銀聯で買うこともできる。

詳しい情報はリンク へ。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。