logo

学習院大学が日本女子大学と「アジア短期研修に関する協定書」を締結 -- 両大学が共同運営する夏期短期研修がスタート

学習院大学 2015年04月03日 08時05分
From Digital PR Platform


2014年12 月、学習院大学は日本女子大学との間に「アジア短期研修に関する協定書」(大学間協定)を締結。今年4 月1 日より発効した。同協定書に基づき、今夏より学習院大学と日本女子大学が共同で運営する夏期アジア短期研修を実施する。複数の大学が協力して短期研修の派遣先を融通する試みは珍しい。


 学習院大学では2011 年度より「グローバル・キャンパス・アジア」プログラムを開始。2013 年度には学習院女子大学が参加し、2015 年度からは日本女子大学が参加することになる。

 「グローバル・キャンパス・アジア」プログラムとは、「中国・上海・復旦大学」「中国・西安・陝西師範大学」「中国・北京・北京郵電大学」「台湾・台北・東呉大学」「韓国・大邱・慶北大学校」の5つのコースで、語学研修と課題探求型現地研修(海外アクティブ・ラーニング)研修を同時に行うユニークなプログラムで、これまでに150名以上の学生が参加した。これらのコースのうち、日本女子大学とは中国・台湾の4コースについて、共同でプログラムを運営・実施する。
 このプログラムは、各大学で授業化・単位化も図られている。学習院大学では「海外フィールド研修(東アジア研究)」の対象プログラムになっており、日本女子大学でも中国語の単位として認められる。

 複数の大学が協力して、短期研修の派遣先を融通する試みは珍しく、日本学生支援機構の海外留学支援制度(短期派遣)奨学金に、学習院大学、学習院女子大学、日本女子大学の3大学によるコンソーシアム形式のプログラムとしても採択された。この協力は、学習院大学国際研究教育機構・村松弘一教授、学習院女子大学国際文化交流学部・金野純准教授、日本女子大学文学部史学科・山下将司准教授の中国史研究者ネットワークが軸となって実現した。

 3大学によるアジア短期研修の共同運営の試みが、今後さらに他の大学にも波及することが期待される。

(参考)過去の活動記事
・学習院大学 広報サイトSakuLife
 リンク
・学習院TIMES
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学習院大学国際研究教育機構
 〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1(東1号館7階702 室)
 TEL: 03-5992-1248
 FAX: 03-5992-1259
 E-mail: georeoff@gakushuin.ac.jp
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。