logo

マイルストーン・システムズ、アジアにおける市民の安全にフォーカス

Milestone Systems 2015年04月01日 11時22分
From 共同通信PRワイヤー

マイルストーン・システムズ、アジアにおける市民の安全にフォーカス

AsiaNet 60017

マイルストーン・システムズ、アジアにおける市民の安全にフォーカス

コペンハーゲン、2015年3月31日/PRニュースワイヤー/ --

ネットワークに接続されたビデオ・システムの使用を拡大し、人々や人々の資産の保護を強化することが、マイルストーン・システムズAPACセールス部門新VP、ベンジャミン・ロウ(Benjamin Low)氏の目標

キャノン・グループ(Canon group)傘下のマイルストーン・システムズ(Milestone Systems)は、ベンジャミン・ロウ(Benjamin Low)氏をAPAC地域セールス部門の新VPに任命したと発表しました。ロウ氏は、マイルストーン社の販売活動やアジア太平洋地域での成長に関する全責任を負うことになります。また、同社の販売スタッフやパートナーのエコシステムと共同でネットワークに接続されたビデオの使用を積極的に促進し、ビジュアル・インテリジェンスの使用を通して人々の安全を高め、財産の保護を強化することに努めます。ネットワークに接続されたビデオ・カメラが撮影したビデオの、迅速かつインテリジェントな利用を可能にするビデオ管理ソフトウェアを開発しているマイルストーン・システムズにとって、これらは主要な事業分野です。

     (ロゴ: リンク )

「この戦略的に重要な地域で、マイルストーン・システムズに加わることができることを非常に光栄に思っています。そして、人々の安全と資産の保護を最適化するソルーションに対するこの地域の需要に、グローバル・チームとともに応えて行けるのを、大変楽しみにしています。」と、ベンジャミン・ロウ氏は答えています。「オープン・プラットフォーム技術はきわめて革新的な技術であり、APACにおける幅広い市場要求を満たすための鍵を握っています。広い世界におけるマイルストーン・システムズの継続的な成功へ貢献できればと思います。」

ロウ氏は、マイルストーンへ加わる前に、サイバー・セキュリティーとITの販売において充実した実績を残してきました。氏は有名なセキュリティー・システム・テクノロジー会社に対する海外営業で経験を積んでいます。氏は、キャリアのほとんどをシンガポールと香港で過ごし、最近ではガイダンス・ソフトウェアー(Guidance Software)のアジア太平洋部門マネジング・ディレクターを務めていました。前職で氏は、アジア太平洋地域にまたがるチームと共に、前年FY13総額の3倍へと、収益を伸ばしました。それ以前に氏は、サイバー・セキュリティーを専門とする国際組織、プルーフポイント(Proofpoint)でアジア太平洋部門ヴァイス・プレジデントを務めていました。氏は、スタンフォード大学やシンガポール国立大学の大学院の国際マネジメント・プログラムで学んでおり、オーストラリアのアデレイドでMBAを取得しています。
「アジア太平洋地域での成長を促進する、素晴らしいリーダーシップと販売スキルをロウ氏は披露してくれました。」とマイルストーン・システムズのセールス・アンド・マーケティング部門チーフ・オフィサー、ケネス・ピーターセン(Kenneth Petersen)氏はコメントしています。「APAC地域で豊富な経験のある彼が、この急速に拡大しつつある市場で効果的に顧客へサービスを提供する当社の能力を著しく強化してくれるものと、確信しています。」

ロウ氏およびピーターセン氏の写真、およびマイルストーンのロゴ(リンク )をダウンロード

マイルストーン・システムズ社(Milestone Systems)について
1998年に設立されたマイルストーン・システムズ社は、オープンプラットフォーム型のIPビデオ管理ソフトウエアのグローバルな業界リーダーであり、現在はキャノン・グループ傘下の独立企業として事業を行っています。容易に管理でき、信頼性のあるマイルストーン社のテクノロジーは、世界の数千もの顧客の設備にインストールされ、その効果が証明されています。そして、ネットワークのハードウェアー、およびその他のシステムとの統合において、柔軟な選択肢を提供しています。100以上の国々でパートナー社を通じて販売されている、マイルストーン社のソリューションによって組織はリスクを管理し、人々やその資産を保護し、プロセスを最適化して費用を削減することが可能になります。さらに詳しい情報はウェブサイトリンクよりご参照ください。

情報源:マイルストーン・システムズ(Milestone Systems)


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。