logo

短大生にもダブルディグリー取得の道――関西外大短期大学部が米国のカレッジと提携し、両国で学位を取れる留学プログラム「Double Degree Program」を新設

関西外国語大学 2015年04月01日 09時46分
From Digital PR Platform


関西外国語大学短期大学部は2015年4月の新入生から、同大と米国の短大の2つの学位を2年半かけて取得できる新たな留学プログラム「Double Degree Program」をスタートさせる。修了すれば、関西外大や国内の大学だけでなく、米国の4年制大学への編入も可能に。また、米国で1年間の就業体験の道も開ける。


 関西外国語大学短期大学部の学生が米国カリフォルニア州のマーセッド・カレッジに留学し、所定の単位を取得することによって、本学の「短期大学士号」と同カレッジの「Associate Degree」の2つの学位が授与される。入学後2年半かけて卒業したら、関西外大や国内の4年制大学への3年次編入はもとより、同カレッジの内部推薦によるカリフォルニア大学など米国の4年制大学への編入も可能となる。さらに米国で1年間、就業体験することもでき、米国でキャリアアップする道が開ける。

 関西外大短大部に入学後、翌年8月までの間、短大部で48〜60単位を取得。9月から翌年5月までの間、マーセッド・カレッジで30単位を取得すれば、関西外大の短期大学士と同カレッジの「Associate Degree」が授与される。

▼本件に関する問い合わせ先
 関西外国語大学
 広報室
 〒573-1001 大阪府枚方市中宮東之町16−1
 TEL: 072-805-2801(代表)
 FAX: 072-805-2868(直通)
 E-mail: press@kansaigaidai.ac.jp

【ニュース提供元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。