logo

OKI、三井住友トラスト・パナソニックファイナンスへ「EXaaS(TM) プラットフォームサービス」を提供

JCN 2015年03月30日 11時15分
From JCN Newswire


TOKYO, Mar 30, 2015 - ( JCN Newswire ) - OKIは、このたび三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社(取締役社長:穂積 孝一、本社:東京都港区、以下 SMTPFC)へマネージドクラウド(注1)である「EXaaS(TM) プラットフォームサービス」を提供しました。SMTPFCは、同社の代表的な業務システムを本サービスに移行し、BCP対策を強化しました。

SMTPFCは、法人や個人のお客様に対し、リース・クレジット・カード・ファイナンスなど、多彩な金融商品を提供している総合ファイナンス会社で、三井住友信託銀行とパナソニックの共同出資会社です。三井住友トラスト・グループのもつ資金調達力や高い信用力、専門性に基づく提案力、メーカー系のもつ多様なチャネルや「モノ」を基点としたさまざまな金融サービス、両者による大規模で優良な顧客基盤、これらの強みを活かしたファイナンスソリューションを展開しています。SMTPFCはこれまで業務システムの一部をクラウドで利用していましたが、BCP対策強化のためより堅牢なデータセンターへの移行を検討していました。

OKIの「EXaaS プラットフォームサービス」は、災害対策を重視しTier4(注2)相当のデータセンターを利用、FISC(注3)基準にも準拠し、高セキュリティを実現しています。SMTPFCは本サービスの利用により、地震・津波・水害・液状化によるシステム停止のリスクを大幅に低減しました。移行対象のシステムは稼働中のファイルサーバーやドキュメント管理サーバーなどで、利用者への影響を最小化することが課題でした。そのため、各サーバーを再構築するのではなく、他社のデータセンターから、OKIのデータセンターに仮想サーバーイメージ(注4)を移行し、負担を軽減しました。また、各サーバー環境の事前調査に基づく綿密な移行設計およびリハーサルにより、約2ヵ月間という短期間で移行を完遂しました。さらに、高品質なデータセンターによるサービス性能の改善で、業務の効率化に貢献しました。

SMTPFCは、今後はオンプレミスで構築している業務システムについてもさらにクラウドへ移行することによりBCPの高度化、システム資産の効率運用を図っていくことを検討しています。

OKIは今後も「EXaaSプラットフォームサービス」を通じて、お客様のIT環境の改善及びIT運用負担の軽減を支援してまいります。

なお、今回の発表にあたりSMTPFCより以下のエンドースメントを頂いております。

当社では、新たなデータセンターを採用するにあたり、「安全対策」「災害対策」「運用コスト」をポイントに比較検討を行いました。

OKIのクラウド基盤サービス「EXaaS プラットフォームサービス」は、FISCに準拠した安全対策や立地条件含めた災害対策など、より堅牢で高いセキュリティ基準を満たしていることが、採用の決め手となりました。「EXaaS プラットフォームサービス」へ移行した結果、これまでよりファイルサーバーのデータ閲覧速度が飛躍的に改善され、安定した運用ができています。ファイナンス業である当社としては「より安全、よりスピーディー」にお客様へサービスを提供する必要があるため、今後のOKIのクラウドサービスに大きな期待をしています。

三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
主任調査役 穂積 浩明
副調査役 針生 昇

【用語解説】
注1: マネージドクラウド
サーバーリソースなどのIT資産の調達・割り当てと、お預かりするアプリケーションを含めた運用管理をユーザーに代わって事業者が実施するクラウドサービス。
注2: Tier4
日本データセンター協会(JDCC)ファシリティスタンダードで規定されたデータセンターのサービスレベル。Tier1~4の4段階で示され、Tier4が最大レベルとなる。
注3: FISC
金融情報システムセンタ(FISC)が制定した金融機関における情報システムのためのセキュリティ基準。
注4: 仮想サーバーイメージ
ハードディスクに記録されているデータ等、仮想サーバーを構成する情報を、ひとまとまりのファイルにしたもの。

【リリース関連リンク】
「EXaaS」紹介サイト
URL: リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本 で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑 戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガ ン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信 システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野に おいて、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお 届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご 覧ください。 リンク

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 永野
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 法人営業本部
電話: 03-5445-6726
お問い合わせフォーム: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事