logo

1975年の放送開始から40年!日本人の記憶に深く刻まれる国民的アニメーションが登場!!

日本映画衛星放送株式会社 2015年03月27日 10時01分
From 共同通信PRワイヤー

3月27日

時代劇専門チャンネル

1975年の放送開始から40年!
親から子へ、子から孫へ。伝えていきたい、日本人の心がここにある。
日本人の記憶に深く刻まれる国民的アニメーションが登場!!
「まんが日本昔ばなし」時代劇専門チャンネルにて放送決定!
5月5日(火・祝)こどもの日あさ7時より60話先行一挙放送
7月より地上波放送当時と同じ毎週土曜よる7時にレギュラー放送も決定!

時代劇専門チャンネルを運営する日本映画衛星放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉田成道)は、日本各地で生み出され、語り継がれてきた「昔ばなし」を味わい深い映像と独特の語り口で綴り大人から子供まで幅広い層に大人気を博した国民的アニメーション「まんが日本昔ばなし」を放送することを決定いたしました。
時代劇専門チャンネルでは、これまでも特集やオリジナル時代劇など、様々な形で日本の伝統文化や歴史を紹介して参りましたが、この度その一環として古き良き日本を伝える本作の放送に至りました。「まんが日本昔ばなし」が扱う「昔ばなし」の世界は奥深く、日本古来の行事や地名・動物・植物の由来、人間の業をあらわにする因果応報の話、人々の大らかさが伝わってくる逸話など、多種多様な物語で溢れています。その物語の一つ一つが口頭や書物を通して伝承され、日本人特有の道徳観や自然への畏怖の念を育み、誰もが知るような日本人の原風景となっています。初めて出会う話でも、どこか懐かしさが感じられるのはそのためでしょう。
1975年、「まんが日本昔ばなし」が放送開始された当時は、放送時間になると、子供はもちろん、お父さん・お母さん、
おじいちゃん・おばあちゃんと家族全員が居間に集まり、テレビを、食卓を囲む一家団欒の時間となっていました。
しかし、現代社会ではテレビを見る時間はおろか家族で食卓を囲むことすらできない人が増え、本来、親から子へ、子から孫へ口承されていくべき日本の文化に接する機会が減少しました。時代劇専門チャンネルは「まんが日本昔ばなし」という作品が、テレビの前に家族が集合する団欒の時間を取り戻し、そういった日本人特有の“心”を紡ぐ一助になればと考えます。
これからも時代劇専門チャンネルにどうぞご期待ください。
●先行放送                        
5月5日(火・祝)こどもの日あさ7時より60話先行一挙放送   
●レギュラー放送
7月より全1474話から厳選した240話を毎週土曜よる7時に放送

【まんが日本昔ばなし】
川内彩友美が企画し、1975年から1994年にかけて全1474話がTBS系にて放送された国民的アニメーション。制作は愛企画センター。日本各地に伝わる“昔話”“伝承”などを映像化した作品。語りは市原悦子と常田富士男が担当。制作スタッフにはりんたろう、杉井ギサブロー、出崎統をはじめ、演出からイラストレーター、アニメーターまで豪華スタッフが集結して制作された。エンディングテーマ曲「にんげんっていいな」は老若男女問わず多くの視聴者に知られている。

【時代劇専門チャンネル】
365日、時代劇だけを放送する有料チャンネル。公式キャラクター「若」のLINEスタンプが今春登場!
放送は、スカパー!プレミアム(ch.662)/スカパー!(ch.292)/スカパー!光(ch.662)/J:COM(ch.502)/
ひかりTV(ch.461)/ケーブルテレビ各局/NOTTVサービス 視聴可能世帯数 約813.7万世帯(2015年1月末調べ) 
時代劇専門チャンネル公式HP:リンク





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事