logo

ブランドビジョンの再構築にともない、ウェブサイトを一部リニューアル

アビリタス ホスピタリティ 2015年03月25日 11時40分
From PR TIMES

~クライアントのニーズに対し、アビリタスが提供できるサービスをわかりやすく説明した、よりユーザー目線のサイトに~

ホテル・旅館の運営支援、資産管理、コンサルティング、マスターリース事業を展開するアビリタス ホスピタリティ株式会社(東京都港区、代表取締役:佐々木文裕)は、ブランドビジョンの再構築にともない、ウェブサイトを一部リニューアルしました。2014年12月より順次改訂したリニューアルがこの度完了し、新しいウェブサイトを公開しています。
URL: リンク



2003年の会社設立以来、時代の変化とともに多様化する投資家やオーナーといったクライアントのニーズに合わせて、サービス内容を柔軟に進化させてきたアビリタスは、今を「第二の創業期」と位置付け、新たなステージへの第一歩を踏み出すべく、今年新たにブランドビジョンを再構築しました。それにともない、新しいブランドビジョン「クライアントの利益を最大化する最も信頼のおけるパートナーであること。」を体現するべく、自社のウェブサイトを、よりクライアントやユーザー目線でわかりやすいものへとリニューアルするにいたりました。

今回のリニューアルで変更した主なポイントは下記の通りです。

1. ソリューションページを新設 リンク

[画像1: リンク ]



近年アビリタスに寄せられたお問い合わせのうち、最もニーズの高かった5つの課題、「所有不動産をホテルに活用できないか検討したい」「ホテル開発・開業を行いたい」「ホテルの運営収支を向上させたい」「人材育成を強化したい」「改装などの資本的支出を含むホテルの中長期計画を検証してほしい」に焦点を当てた、ソリューションページを新設しました。それぞれの課題にアビリタスがどのようなソリューションを提供できるかをわかりやすく解説しているほか、リンクした関連事例からより詳細な情報を入手できます。

2. 4つの事業領域の明確化 リンク

[画像2: リンク ]



設立当初は運営支援のみだった事業領域が、現在は資産管理、コンサルティング、そして昨年開始したマスターリースの4つに拡大されました。リニューアル後の事業領域のページでは、これらの多様なサービスをワンストップで提供できるというアビリタスの特長を訴求するだけでなく、各事業についての代表的なスキーム図を掲載することで、視覚的にも理解しやすいページとなりました。


[画像3: リンク ]




3. 事例をより閲覧しやすく リンク
[画像4: リンク ]



これまでは、事例を全文見るためにはフォームから記入し、PDFをダウンロードする必要がありました。リニューアルにともない、事例のトップページにグリッド状に見やすく並んだ一覧の中から見たい事例をクリックすることで、簡単に全文が閲覧できるようになりました。また、全事例を一括してダウンロードできる「事例集ダウンロード」ボタンを新たに設けました。


アビリタスは、この新しくなったウェブサイトを通じ、再構築したブランドビジョンを対外的に訴求するとともに、多様なクライアントのニーズを的確に捉え、それらに応えられる信頼のおけるパートナーとしての企業ブランドを今後も確立・推進していきます。


アビリタス ホスピタリティ株式会社について

アビリタス ホスピタリティは、日本国内 および アジア太平洋地域において、ホテル・旅館の運営支援、資産管理、コンサルティング、マスターリースの4つの事業を展開する、投資支援の精鋭チームです。

私たちは、「クライアントの利益を最大化する最も信頼のおけるパートナーである」ことを信念として、特定のブランドに寄らないニュートラルな立場から、柔軟かつ戦略的なソリューションをワンストップで提供します。

運営支援ホテル:
旭川グランドホテル、ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ、ホテル日航成田、オリエンタルホテル 東京ベイ、なんばオリエンタルホテル、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、オリエンタルホテル広島

資産管理ホテル:
ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ、ホテル日航成田

経営ホテル(マスターリース):
札幌全日空ホテル


2003年1月23日設立  
〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-1
Tel: 03-5775-9200(代表)  Fax: 03-5775-9201  リンク
代表取締役 チーフ エグゼクティブ オフィサー 佐々木文裕
金融商品取引業(投資助言・代理業) 関東財務局長(金商) 第2520号

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。