logo

視聴数100万回を突破! Webムービー『家族の夢』

パナソニック株式会社 2015年03月24日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月24日

パナソニック株式会社

視聴数100万回を突破! Webムービー『家族の夢』
パナソニックのカーナビゲーション「ストラーダ美優Navi(ビューナビ)」
少年野球で夢を目指す少年とそれを支える父と母、家族の物語が多くの共感を生み出しました

パナソニック株式会社は、好評発売中のブルーレイディスクプレーヤー内蔵カーナビゲーション「ストラーダ 美優Navi(ビューナビ)」のスペシャルサイトにて公開中のWebムービー「家族の夢」が、2015年2月27日(金)の公開から24日間で視聴数100万回を超えました。

▼ “家族目線のカーナビゲーション ストラーダ 美優Navi(ビューナビ)” 『家族の夢』 スペシャルサイトURL
リンク

「ストラーダ 美優Navi(ビューナビ)」は、 「家族の快適なドライブ」を目指し、美しい画像と快適なドライブのサポートをキーコンセプトに、地図・ナビ・AV機能を一新した、“家族目線のカーナビゲーション”です。このWebムービー『家族の夢』は、少年野球で活躍することを夢見る少年と、その彼をひたむきに支える家族の愛情をモチーフに、”ストラーダのある暮らし”を見つめた作品です。
 
2015年2月27日(金)の公開後、SNS(ソーシャルネットワークサービス)等での口コミにより、多くの方にご覧いただきました。実際に動画を視聴いただいた方のSNS上での声には、「自身が小・中学と野球をやっており、その頃を思い出した。」や、「(野球に関わらず)小中学校の部活動を思い出した。」など、おもに過去の自分と照らし合わせて共感いただくケースや、「自分の息子と重なった。」や、「自分はこんなに支えてあげられているか、考えさせられた。」、「努力し続けることの大切さを考えさせられた。」など、子どもを持つ親目線で共感いただくケースが多く見られました。

本作は、2012年に「転校生」で第7回札幌国際短編映画祭・最優秀監督賞と最優秀国内作品賞を受賞した金井純一氏が監督。少年が直面する挫折や苦悩を愛情で包み込む家族の物語を描き、多くの共感をいただきました。また、息子を支える父役には大西信満氏。少年野球で夢をかなえるべく奮闘する息子の翔太役は沢畑壱春くんが演じ上げ、野球チームとして公益財団法人 日本少年野球連盟埼玉県支部所属「日高ボーイズ」のみなさんに出演いただきました。

また、「家族の夢」本篇に加え、出演者による、サイドストーリー3本(「翔太のリクエスト」、「優菜の笑顔」、「おじいちゃんの安心」)と、美優Naviの魅力を伝える動画も同時にスペシャルサイト内にて公開しています。ストラーダのある日常を、合わせてぜひご覧ください。

▼「ストラーダ」CN-RX01WD/CN-RX01Dについて
・家族が楽しい「ブルーレイディスクプレイヤー」搭載
・旅先でも便利「安心運転サポート」機能
・声で簡単操作!「音声認識」機能
商品Webサイト:リンク





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事