logo

InnoLightがクラウド・データセンター向けの100G QSFP28などをリリース

InnoLight Technology Corporation 2015年03月24日 10時45分
From 共同通信PRワイヤー

InnoLightがクラウド・データセンター向けの100G QSFP28などをリリース

AsiaNet 59926

【蘇州(中国)、サンタクララ(米カリフォルニア州)2015年3月23日PRN=共同通信JBN】ハイスピード光トランシーバーの大手サプライヤーであるInnoLight Technology Corporationは23日、100G QSFP28および100G CFP4トランシーバーの全製品をリリースした。

データセンターのトラフィックが今後5年間で3倍に増加すると予想されており、通信業界はネットワーク性能を10Gから40G、さらには100Gまでに向上させる必要がある。IEEE 802.3bmに準拠する100G QSFP28およびCFP4は最新技術を駆使して、この急激な帯域幅の拡大に応える。

InnoLightの100G QSFP28/CFP4製品は以下を提供する。
*100G QSFP28 AOC, P/N:TF-FCxxx-N00、最大100m OM3トランスミッション
*100G QSFP28 SR4, P/N:TR-FC85S-N00、最大100m OM3トランスミッション
*100G QSFP28 LR4, P/N:TR-FC13L-N00、最大10km SMFトランスミッション
*100G QSFP28 PSM4、P/N: TR-VC13T-N00、最大2km SMFトランスミッション
*100G CFP4 SR4, P/N:TR-KC85S-N00、最大100 m OM3トランスミッション
*100G CFP4 LR4, P/N:TR-KC13L-N00、最大10km SMFトランスミッション
*100G CFP4 ER4, P/N:TR-KC13E-N00、最大30km SMFトランスミッション

さらにInnoLightは2015年第2四半期に25G SFP28 AOC, SR、LR Liteを発売する。

InnoLight Technology Corporationのオサ・モク最高マーケティング責任者(CMO)は「40GのQSFP+フォームファクターが広範に採用されていることを受け、QSFP28は100Gのデータセンター・ネットワークでは推奨フォームファクターとなっている。InnoLightは今後も、40Gでのコストパフォーマンスのリーダーシップを発揮するとともに、最高の100Gソリューションを提供していく。InnoLightのQSFP28の設計は他社にはない低コストの光プラットフォームに基づいており、業界で最も高い光カップリング効率を提供する。InnoLightの最新鋭の製造プロセスは、複雑なハイエンド光トランシーバー・モジュールの業界最大の大量生産とコスト削減の能力を提供する。InnoLightの顧客は、次世代100G QSFP28およびCFP4技術の最大のメリットを受けることができる」と語った。

InnoLightのQSFP28およびCFP4製品のサンプルは入手可能である。大量生産は2015年後半に予定されている。詳細は地元のInnoLight販売代理店に問い合わせを。

▽InnoLightについて
InnoLight Technology Corporationはクラウドコンピューティング市場向けに最高のハイスピード光トランシーバーを設計、製造、販売する。同社のソリューションは、次世代データセンターの持続可能な成長にとって不可欠な優れた技術性能、圧倒的な価値命題、製品化までの時間の優位性を提供する。

InnoLightは、米国および中国の大手ベンチャーキャピタル企業からのベンチャー投資によって2008年4月に設立された。中国の蘇州に本社を置くInnoLightは中国、米国、台湾にオフィスと研究開発センターを構えている。顧客には、北米、欧州、アジアの大手Web 2.0クラウド・オペレーター、ティア1機器OEM、大手システムインテグレーターなどが含まれる。

www.innolight.com

ソース:InnoLight Technology Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。