logo

お待たせしておりましたOptomaプロジェクター3Dアクティブグラス、RF方式(電波式)採用のZF2300がオーエスプラスeから発売開始です。

株式会社オーエスプラスe(本社:東京、代表:奥村正之)は、プロジェクター用3Dアクティブグラス(眼鏡)ZF2300を、3月より発売開始いたしました。ZF2300はRF方式(電波式)を採用して、エミッターBC300(3D信号発信機)とともに発売です。
ZF2300は本格的で鮮やかな3D映像を楽しめるワイヤレスアクティブグラスです。伝送方式はRF方式を採用、指向性の高いIR(赤外線)方式とは異なり、ほぼ無指向のRF方式は、エミッターとアクティブグラスの間に障害物があっても、その影響を受けずに快適な3D映像を見る事ができます。
またエミッターからの距離が15m以内であれば受信可能で、視聴位置の制限もありません。また多くの家電製品がIRリモコンを採用していますが、その発信器の影響や照明器具などの影響を受ける事もありません。このZF2300の発売によりHD90、HD91の3D映像が快適に楽しめるようになりました。またZF2300はVESA 3Dを採用し、Optomaプロジェクターの“3D SYNC”コネクターを持つ機種で使用できます。

商品名:3Dアクティブグラス ZF2300、3Dエミッター BC300
※ZF2300を使用するためにはBC300が必要です。 希望小売価格:オープン
市場想定価格:ZF2300/17,000円前後(消費税別)、BC300/8,000円前後(消費税別)発売開始日:2015年3月2日(月
■オプトマ公式サイト  リンク




■ZF2300・BC300の主な特長
・RF方式(電波式)採用
・VESA 3D採用(VESA Stereo規格による制御・設計をしているためOptoma独自のVESA 3Dと呼称しています)
・無指向性のため3D信号の届く距離(約15m)であれば、どこでも3Dを鑑賞可能
・エミッター(発信機:BC300)とアクティブグラス(眼鏡:ZF2300)間に障害物があっても影響を受けない
・RF方式のために、他の家電製品のIR(赤外線)リモコンや照明器具の影響を受けない
・1台のエミッターで約100台のアクティブグラスが使用可能
・通常の眼鏡をかけたままアクティブグラスが使用可能
・3Dフレームの高速化により、クロストークやカラーブレイキングノイズをほとんと感じない
・最適な掛け心地を得るためにノーズパッドを3種類用意
・バッテリーの消耗を軽減するオートパワーオフ機能搭載

■アクティブグラスZF2300の主な仕様
型式:ZF2300
対応エミッター:BC300
3D方式:アクティブシャッター方式
コントロール方式:RF方式(電波式)
3D同期周波数:96/100/120/144Hz
使用距離:エミッターから15m(最初のペアリング※は10m以内)
連続使用時間:約60時間
電源:バッテリー
バッテリー充電時間:約3時間
製品質量(kg):0.046
発信器(別売):エミッター:BC300(“3D SYNC”コネクターに接続)
標準付属品:眼鏡本体、ソフトケース、バッテリー充電用USBケーブル(1.5m)、メガネ拭き、ノーズパッド(3種)
※ペアリング:エミッターBC300との同期付け
■エミッターBC300の主な仕様
型式:BC300
対応3Dアクティブグラス:ZF2300
3D対応周波数:96/100/120/144 Hz
使用距離:ZF2300まで15m(ペアリング10m)
外形寸法(mm):54(W)×48(D)×13(H)
製品質量(kg):0.014
付属品:プロジェクター接続用VESAケーブル(1.2m)

■ZF2300が使用できるプロジェクター
Optoma製品: HD90/HD91(ZF2300専用機種)/HD25LV/HD25LVS1/EH503/EH503S1/GT1080/HD26/生産終了品:HD83S1/HD33S1
ご注意:OptomaのDLP Link方式はエミッターが不要ですが、RF方式はエミッターが必要になります。

■オプトマ社 Optoma corporation 
母体であるコアトロニクスは1992年創業。高品質な光学機器メーカーとして、欧米を主にOEMをはじめとした大きな実績を上げ、1999年には米TI社が開発したDLPテクノロジーを採用、世界で初めて重量5kgを切るDLPプロジェクターを開発。DLPプロジェクターにおいて世界トップクラスのシェアを確立。オプトマはグループの販売を担う会社として2002年に設立された。

■お問合せ先 各地区販売代理店または下記にお問合せください。
株式会社オーエスプラスe   コンタクトセンター
東京都足立区綾瀬3-25-18 
TEL.0120-212-750 FAX.0120-380-496 E-mail e.info@os-worldwide.com
※接続できない場合には、次の番号をご利用ください。TEL.03-3629-5211 FAX.03-3629-5214

■広報お問合せ先・ニュース発信者
株式会社オーエス  マーケティングチーム  藤枝 昭
東京都足立区綾瀬3-25-18 
TEL.03-3629-5356 FAX.03-5697-0990 E-mail:a.fujieda@os-worldwide.com

■株式会社オーエスプラスe 会社概要
名称:株式会社オーエスプラスe 
本社:東京都足立区綾瀬3-25-18  リンク
創業:2000年10月
資本金:1000万円
代表者:代表取締役 奥村正之
事業内容:2000年10月12日創業以来、日本市場に「家庭で映画を」と言う、ホームシアター文化を提案・構築。オーエスグループの中でも、最もエンドユーザーに近い企業として、グループ全体のスローガンである「キモチをカタチに」の実現を目指す。映像文化に関する幅広い取り組みを推進し、業績拡大を目指す。

■株式会社オーエスプラスe関連企業
株式会社オーエス   本社:大阪市西成区    リンク
株式会社オーエスエム 本社:兵庫県宍粟市    リンク
株式会社オーエスビー沖縄 本社:沖縄県中頭郡  リンク
株式会社次世代商品開発研究所本社:大阪市西成区 リンク
OSI CO., LTD.(Hong Kong)           リンク
喜摩租賃(北京)有限公司:中華人民共和国     リンク
■日本総販売代理店
Optoma社(台湾)/ 世界初のポケットプロジェクターを発表したDLPプロジェクターメーカー
Vogel’s社(オランダ)/フラットディスプレイなどのスタイリッシュハンガーメーカー
SCREEN RESEARCH(イタリア)/ THX、ISF公認のサウンドスクリーンメーカー
AV Stumpfl(オーストリア)/画像処理技術で世界的に定評あるメーカー



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。