logo

コントロール・リスクス、フォレンジックとコンプライアンス面の機能を強化

コントロール・リスクス 2015年03月19日 15時42分
From 共同通信PRワイヤー

コントロール・リスクス、フォレンジックとコンプライアンス面の機能を強化

AsiaNet 59885(0398)

【シンガポール2015年3月19日PRN=共同通信JBN】世界的な企業リスクコンサルティング会社のコントロール・リスクス(Control Risks)は19日、香港でのフォレンジック調査とコンプライアンス、企業破綻処理業務のシニア・マネジングディレクターとして、メービス・タン(Mavis Tan)氏とサイモン・ブレード(Simon Blade)氏を採用したと発表した。

米国の海外腐敗行為防止法(FCPA)がらみの調査やコンプライアンス監査に関係する詐欺や資金問題、不正行為の複雑なケースについての専門な知識に対する需要は、世界的に増えており、2人の採用はこれに対処するもの。

ブレード氏とタン氏はフォレンジック会計や訴訟支援、企業破綻処理で35年以上の経験を持つ。不正や詐欺行為、資産追及、企業価値査定など、いくつかの犯罪・商業問題で、専門的な証言をしたこともこれに含まれる。コントロール・リスクスに入社前に2人は、FTIコンサルティング(FTI Consulting)のフォレンジック・訴訟コンサルティング業務のシニア・マネジングディレクターだった。2人が加わることでコントロール・リスクスは、幅広い経験を持つマルチスキルの専門家チームができ、買収前資産審査や買収後コンプライアンス問題、株主問題、内部告発者への対処などで多国籍企業や民間顧客を支援できる。

コントロール・リスクスの上海のフォレンジック、コンプライアンス対応チームと、香港のeディスカバリー事業は、ブレード氏とタン氏の技術と経験でさらに強化される。このユニークなスキルは、同社の業界首位の危機管理・企業インテリジェンス機能と併せて、複雑なコンプライアンスや調査問題に直面する企業幹部が重要な判断を下すのを助けることになる。

コントロール・リスクスの大中華圏・北アジア担当マネジング・ディレクターのケント・ケドル氏は次のように語る。
「香港は中国とアジアの調査業務の重要拠点だ。この地域で業務を進めるため、市場でこのような深い経験と信頼性を持つ専門家を採用できてうれしい。この2年間で中国の難しい規制状況はますます厳しくなっている。メービス、サイモン両氏とそのチームによってわが社は、この厳しさを増す状況を世界の顧客がうまく乗り切れるように手助けできる」

「2人の採用によって、コントロール・リスクスのチームの総合的な実績は、アジアだけでなく、世界全体の市場で無敵になった」

ブレード氏とタン氏は最近数年間、数件の注目された問題にかかわった。それには米上場医療機器サプライヤー企業の中国子会社でのフォレンジック会計調査問題が含まれる。顧客のサプライヤー企業はその後、米証券取引委員会(SEC)へ報告し、米上場医療機器企業を買収してFCPAリスクアセスメントを実施し、2人は同サプライヤー企業の大中華圏での販売業者管理に助言した。

タン氏は「われわれはコントロール・リスクスのチームに加われて喜んでいる。同社はさまざまな業種に影響する規制環境を理解していることに定評があり、複雑な不正やコンプライアンス問題で顧客を解決に導く実績は、他に抜きんでている」と話した。

編集者注

▽Control Risksについて
コントロール・リスクスは政治、安全、規範に関するリスクに特化するグローバルリスクのコンサルティング会社。複雑で敵対的なビジネス環境で業務を行うリスクを顧客に理解してもらい、そのリスクを管理している。コントロール・リスクスは各種サービスを独自の組み合わせ、地理的に広い範囲に展開し、顧客と親密な関係を構築することで、組織の問題を効果的に解決し、組織が世界中に新たなチャンスを見いだすのを助けている。
リンク

詳しい情報の問い合わせ先:
Angie Rayment, Regional Marketing Director, Asia Pacific
Telephone: +65-9770-7201
Email: angie.rayment@controlrisks.com

ソース:Control Risks

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事