logo

PLM/PDMの第一人者Martin Eigner教授、ACE 2015 カンファレンスでArasのモデルベース・システム・エンジニアリングについて講演

複雑化する製品のライフサイクルにおけるモデルベース・システム・エンジニアリングの重要性を説明

ArasのグローバルカンファレンスACE2015での基調講演者が決定

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーおよびドイツ・ミュンヘンで2015年3月17日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。

ANDOVER, Mass., Munich, Germany – 2014年3月17日 - エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、4月21日から23日にミシガン州デトロイト市で開催されるArasのグローバルカンファレンスACE2015において、PLM/PDMの世界的な第一人者でArasの顧問でもあるMartin Eigner教授(工学博士)が基調講演を行うことを発表しました。

『Aras Innovatorでのモデルベース・システム・エンジニアリング』と題したEigner教授の講演では、複雑化する製品とサービスのライフサイクルにおけるモデルベース・システム・エンジニアリング(MBSE)の重要性について説明します。そして、このMBSEの導入にAras Innovatorのインタラクティブな統合アプローチがもたらすメリットを示します。

開催日時:
4月21日~23日

会場:
デトロイト・マリオット・アット・ザ・ルネッサンス・センター(ミシガン州デトロイト)

参加費用:
無料(事前登録制。スペースには限りがございます)

詳細および登録:
リンク

Eigner教授はプロダクト・ライフサイクル・マネジメントおよびモデルベース・システム・エンジニアリングのエキスパートとして知られ、PLM/PDM黎明期のリーダー的企業であったEIGNER + PARTNERを1985年に設立しました。現在はカイザースラウテルン工科大学バーチャルプロダクトエンジニアリング研究所(VPE)の所長を務め、これまでにエンジニアリング分野でのMBSEやPLM/ PDM、ITに関する13冊の本および多数の論文を執筆もしくは共同執筆しています。

<Arasについて>
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては www.aras.jp および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。