logo

NSWとMBEL、農業向けM2M/IoTサービスの提供を開始~ ノンプログラミングM2Mプラットフォームと多機能センサーでスマート農業を支援 ~

日本システムウエア株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役執行役員社長 多田 尚二、以下「NSW」)と三井物産エレクトロニクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 市川 誠、以下「MBEL」)は、本日より NSWのM2M/IoTクラウドプラットフォーム「Toami」とMBELが取り扱うLibelium社(本社:スペイン)製の屋外用途向け多機能センサーを組み合わせた農業向けサービスの提供を開始します。

今回開始する農業向けM2M/IoTサービスは、Libelium社のセンサー「Plug & Sense!」にて入手した温湿度や風向などのデータを同社製ゲートウェイ「Meshlium」を経由して「Toami」に送り、モニタリングや監視/制御などが行えます。これらの一連のサービスをまとめて提供することにより、「早く」、「簡単に」、「わかりやすく」先進農業を実現することを可能にします。
Libeliumは海外で大規模農業、スマートシティ、インフラなど様々な分野にセンサーネットワーク機器を提供しています。また、M2M/IoTにおいて重要な機能を担うM2Mプラットフォームとも数多くの接続・利用実績があります。様々なセンサーをラインナップしていることが同社の大きな特徴であり、例えば、「大気中(ガス)の成分、温湿度」、「水中の温度、pH、誘電率、濁度」、「土中の温湿度」、「日射量」、「風向・風力」などのセンサーをラインナップしています。ZigBee(Digi-Mesh)、3Gなどの無線ネットワークや防水、ソーラー充電などの機能も備えており、農業を始めとした屋外利用目的に最適なセンサーソリューションです。

Toamiは、リモート機器からのデータをセキュアかつリアルタイムに検索でき、ドラッグ&ドロップで簡単に開発できる機能などが用意されています。製造機器の遠隔監視や生産ラインの稼働率監視、電力のデマンド監視、農業向けM2M、構造物のモニタリングなどの用途を中心に、M2M/IoTサービスを低コストかつ短期間で実現できます。

今回のサービスは農業関係者を対象とし、高齢化や後継者不足、分散圃場管理といった課題や高付加価値農作物の生産など、日本農業のバリューアップを支援します。

<NSW(日本システムウエア株式会社)について>
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。これらの実績を生かし、ITリソースを提供するだけでなく、監視・運用などのデータセンターソリューションや移行設計などのインテグレーションを含めた幅広いサポートを提供するクラウドコンピューティングサービスも実現しています。また、モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。

<三井物産エレクトロニクス株式会社について>
三井物産株式会社の100%子会社として、同社のエレクトロニクス関連事業を担う戦略会社として1995年4月に設立。
産業向組込みシステム分野における長年の経験を活かし、ユーザーニーズや利用シーンに応じた多種多様なM2M/IoTデバイスを組み合わせて、各種ソフトウェアを実装し、上位のクラウドと連携する「デバイス・コネクティビティ」ソリューションを提供します。

<サービス内容に関するお問い合わせ窓口>
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部 M2M/IoTビジネス部
担当:二村、小林
TEL:03-3770-0017
FAX:03-3770-0018
E-mail :m2m@list.nsw.co.jp

三井物産エレクトロニクス株式会社
ソリューション事業本部
TEL:03-6403-5804
E-mail:press@mbel.co.jp

<報道関係者からのお問い合わせ先>
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室IR広報担当:太田、河岸
TEL: 03-3770-4014
FAX: 03-3770-4953
E-mail: kouhou@gw.nsw.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。