logo

企業の事業継続対策等を目的とした、中堅中小企業向けのデータ保護・災害対策(DR)ソリューションを本日2015年3月16日から提供開始

大切な業務サーバーをまるごと遠隔地で保護

株式会社大塚商会は、中堅中小企業のお客様向けに、企業の事業継続対策等を目的としたデータ保護・災害対策(DR)ソリューションを2015年3月16日より開始します。本ソリューションは、お客様の業務サーバーのOSやアプリケーション、データ等をまるごとバックアップし、北海道石狩市の「大塚商会 石狩データセンター」で保護します。大変な工数となる遠隔地でのデータバックアップを、大塚商会が支援いたします。

・プレスリリース
リンク



◆中堅中小企業向けのデータ保護・災害対策(DR)ソリューション概要
[画像: リンク ]

専門の管理者がいない中小企業のお客様においても事業継続対策ができるよう、バックアップサーバーやバックアップソフトの設定、データセンターのハウジングサービス、監視、通報サービス、データセンター間のWAN環境構築の全てを大塚商会が提供、運用支援をすることで、お客様の運用管理工数を軽減します。

------------------------------------------
「中堅中小企業向け災害対策ソリューション」

【提供開始日】
2015年3月16日

【提供内容】
・バックアップサーバー
・バックアップソフト「Arcserve UDP」の設定、バックアップ運用監視および障害時の復旧作業
・石狩データセンター災害対策用ハウジングサービス(サーバーレンタル、運用監視など)
・拠点間WAN環境の構築、など

※「Arcserve UDP(Unified Data Protection)」
Arcserve(USA), LLC(本社:米国ミネソタ州ミネアポリス、CEO:マイク・クレスト/arcserve Japan合同会社:東京都千代田区、社長:江黒 研太郎)のイメージバックアップソフトです。データだけではなく、サーバー内のOSやアプリケーション、各種設定などのシステム環境もまるごとバックアップサーバーに保護します。また、バックアップ時の重複排除機能により、バックアップデータの容量を圧縮し、バックアップ先の容量効率化やデータ転送負荷を軽減します。

※石狩データセンター
首都圏から約800km離れ、地震や津波などのリスクも低いことから、災害対策用データセンターとして安心してご利用いただけます。共有ラックを使用してサーバー1台から利用できるハウジングサービスにより、災害対策用のデータ保護環境を用意しています。また、バックアップデータの整合性チェックや整合性エラー時の通報など、バックアップ運用の監視も行い、障害時もエンジニアがリモート操作でサポートします。

------------------------------------------
【関連製品】
Arcserve UDP
リンク

【プレスリリース】
リンク

----------------------------------------
【お問い合わせ】
株式会社大塚商会
共通基盤ハード・ソフトプロモーション部 PC・サーバ・ストレージプロモーション課
電話:03-3514-7582
お問い合わせフォーム:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。