logo

大排気量こそ高級車の証? たっぷりのパワーと優雅さを味わえる5L超級エンジンの魅力~早い者勝ち!“今が買い時”の中古車をご紹介する「日刊カーセンサー」より~

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2015年03月13日 13時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営するカーセンサーnetの「日刊カーセンサー」では毎週3回、今が買い時の中古車をご紹介しています。本日はその中からオススメの“特選車”をご紹介いたします。

――――――――――――――――――――
「日刊カーセンサー」では
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「日刊カーセンサー」
リンク

▼今回のオススメ記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
大排気量こそ高級車の証? たっぷりのパワーと優雅さを味わえる5L超級エンジンの魅力
――――――――――――――――――――

■ありあまるパワーこそ高級感の演出

かつてハイパワーの代名詞であったターボ技術は排ガス規制を満たせず、一時期絶滅の危機に瀕しました。しかし、最近では技術の進化により「エンジンのダウンサイジングと高効率化」をもたらし、再注目されています。
そういう意味では、大排気量エンジンはだんだんと過去のモノになろうとしているのかもしれません。とはいえ、大排気量エンジンには“ならでは”の魅力があるんです。
大排気量エンジンが高級車に採用されるのは、無駄の美学であり贅沢だからです。もちろん静粛性、耐振性といった理由もありますが、自動車メーカーの技術を“見せつける”場であるとも言えます。そして、アクセルペダルに直結したようなエンジンの出力の仕方や、低速域からグイグイ車を加速させる力強さが高級感の演出につながるんです。
というわけで、今回は総額350万円以下でカーセンサーアフター保証対象車が狙える排気量約5L以上(4900cc~)のモデルをご紹介。原稿執筆時点(2015年3月10日現在)ではトヨタ センチュリー(現行型)、レクサス LSハイブリッド、M・ベンツ CLSクラス(旧型)の3つがターゲットとなります。

■センチュリーが100万円台からでも狙えるという奇跡

センチュリーは万人向けではなく、日本を代表する政財界の重鎮のために作られた車。ドライバーズカーではなく、その証拠に後席のスペースを最大限確保するため、運転席はあまり後ろまで下がらない設計になっています。カタログにも「運転手さんのために」というフレーズがあるほどです。
搭載する5L V12エンジンは「強烈」や「過激さ」とは無縁です。最高出力は280psしかありませんが、最大トルクは49.0kg-m。どんな速度域でもウルトラスムーズです。例え他の車のほうが速かろうと、その優雅さたるや世界一と言えるかもしれません。そのアフター保証対象車が100万円台からでも狙えるなんて、もはや奇跡的です。

■レクサスのフラッグシップは動力性能も燃費性能も両立

LSハイブリッドはレクサスブランドの最高峰で、伝統と格式を重んじたセンチュリーとは異なる高級車へのアプローチがなされています。最先端技術と独自のデザインフィロソフィである「Lフィネス」が採用されています。
パワートレインは5L V8エンジンと電気モーターの組み合わせ。この選択は「ハイブリッドシステムによる新しい動力源の提案」とも捉えられます。つまり、世界をターゲットとするレクサスのフラッグシップは、動力性能が他の高級車に負けていないだけでなく、エコであることも求められているのかもしれません。

■CLSクラスは大排気量モデルの方がオトク?

CLSクラスには複数のエンジンが設定されていますが、現在「総額350万円以下のアフター保証対象車」という条件で狙えるのは5461ccのV8エンジンを搭載したCLS550だけです。
M・ベンツのみならず同一モデルで複数のパワーユニットを搭載するものは、大排気量モデルの方が新車時価格が高く設定されます。しかし、中古車となるとユーザーは維持費を気にするのか、排気量の小さいエンジンを搭載しているグレードのほうが高値で安定する傾向にあります。そういう点でもCLS550は対象台数こそ少ないですが、狙い目だと思います。

■高級車はある意味「高級車」という乗り物

センチュリーやLSハイブリッドは送迎用車両として使われていたと思われるものが多く、350万円以下の物件は走行距離が多めなように見受けられますが、極端に不安がる必要はありません。むしろ送迎用車両はしっかりメンテナンスされてきたものが多いので、修理するとお金が予想外にかかる、内装のヤレ具合を気にすると良いでしょう。それでも不安に感じる場合は、アフター保証への加入をオススメします。
この手の高級車はある種、リッター20kmが当たり前の昨今のコンパクトカーとは別の乗り物だと言えます。たっぷりのパワーで優雅に走ることこそが高級車に求められていることなのですから。そんな高級車の快感を、ぜひ格安価格で味わってみてはいかがでしょう?




▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】排気量約5L以上(4900cc~)×総額350万円以下×CSA保証
※プランでCSA保証を付けた場合、総額350万円を超える場合があります
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
「日刊カーセンサー」バックナンバー
――――――――――――――――――――

90万円台からでOK!「現行型輸入車」を200万以下で手に入れる
リンク

新提案!使える車、ピックアップトラックを“ファッション”で選ぶ
リンク

旧型アルファード/ヴェルファイアが買い時! 総額200万円以下の物件も!?
リンク

旧型メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴンに激買いサイン点灯!?
リンク

200万円以下のイタリア車でイメチェン!
Made in ITALYをオススメする2つの理由
リンク

110万円台から! アウトドアを楽しむならSUVより「大人な国産ワゴン」
リンク




▼バックナンバー一覧
リンク


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
リンク

▼「カーセンサーEDGEnet」
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」
リンク

▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事