logo

MobileIron、マクニカで業務用iPhoneに全面採用

モバイルアイアン 2015年03月12日 11時18分
From 共同通信PRワイヤー

MobileIron、マクニカで業務用iPhoneに全面採用

AsiaNet 59792

【報道発表資料】
2015年3月12日
モバイルアイアン・ジャパン

MobileIron、マクニカで業務用iPhoneに全面採用
~Office365やBoxなどのクラウドアプリケーション通信と統合認証をセキュアに   コントロールするEMMソリューションで、生産性向上と端末管理コスト削減に貢献~

エンタープライズ・モビリティー管理(EMM)のリーダーであるMobileIron,Inc.,(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO:Bob Tinker、以下MobileIron)の日本法人であるモバイルアイアン・ジャパン(本社: 東京都千代田区、アジア太平洋・日本担当セールスバイスプレジデント:柳下 幹生、以下モバイルアイアン)は、株式会社マクニカでモバイルデバイスからOffice365やBox等のクラウドアプリケーション通信と統合認証をセキュアに活用するMobileIronのEMMソリューションが導入されたことを発表しました。

国内外の大手電機・電子機器メーカーを中心に、半導体や電子デバイス、ネットワーク関連機器、 ソフトウェアなどの高付加価値商品およびサービスを提供しているマクニカでは、従業員向けにiPhoneを支給していたものの、セキュリティ対策の点からメールと従業員自身のスケジュール管理、クラウドベースのコンテンツプラットフォーム「Box」へのアクセスのみに用途が限定されていました。マネジメント層を含む従業員がiPhoneを活用してより高い生産性を実現するために、社外から社内システムへのアクセスを可能にし、業務目的に合わせて最適なアプリケーションを自由に使用できるセキュアな環境整備が求められていました。

一方、2014年にiOSで「Per-App VPN」が実装される中、MobileIronはアプリケーション単位でVPNが使える「Tunnel」に対応。マクニカが導入したいと考えていた「Box/Salesforce/Office 365/Lync/OWA(Outlook Web App)」などの各種アプリを起動時に自動でVPN接続でき、管理の点でも従来の運用を変えることなく、手間をかけずに環境構築ができるようになりました。これらの機能により、個々のシステムを一切変更せず、iPhoneからセキュアな社内システムへのアクセスが実現できるため、マクニカではMobileIronのEMMソリューションの導入を2014年12月に開始。すでに会社貸与iPhoneの約9割の移行が完了しています。

株式会社マクニカ IT統括部情報企画部の保持 陽一郎 氏は、MobileIron導入の成果について、以下のように述べています。「MobileIronのEMMソリューションの導入により、従来のビジネス基盤を変えることなく、 iPhoneから社内システムへアクセスできるようになったことで、従業員の生産性向上に貢献しています。特にマネジメント層では、ノートPCを常に持ち歩くことなく、簡単かつ迅速にワークフローの承認処理できるようになりました。また、株式会社マクニカ IT統括部情報企画部の石川 智美 氏は、「IT管理の点においても、端末やポリシー適用の確認やキッティングにかかる時間と工数を大幅に削減し、MobileIronのチェックインを済ませるだけで、アプリケーションやActive Syncのプロファイル、社内の電話帳や無線LANの設定まで自動で配信できるため、メンテナンス性が向上しました。」と述べています。

また、株式会社マクニカIT統括部情報企画部の床田 紘美氏は、MobileIronの採用について、以下のように述べています。「社外からのアクセスで大きな課題となるアプリケーションの認証をセキュアかつシンプルに実装できたこともMobileIron採用の大きなポイントでした。特に、すべての通信をVPN経由にするとトラフィックの増大を招くことから、アプリごとに通信の最適化が求められます。例えばBoxのアプリではVPN接続で社内の統合認証サービスで初回の認証を行い、その後はBoxとダイレクトに通信。Office 365については、Safariアクセス時が認証部分のみVPN経由、アフ゜リの場合は常にVPN経由。そのほか、Safariで社内ポ;ータルにアクセスする際のみVPNを経由し、社外のWebサイトへアクセスする際には自動で外部の通信に切り替わるといった機能が必要になります。MobileIronがこの点を満たしていることも、高く評価しました。」

マクニカでは、MobileIron製品のマルチプラットフォーム対応とユーザー数の増減に柔軟に対応できる高いスケーラビリティを活用し、BYODへの導入や、AndroidやWindows搭載端末への拡大を予定しています。

■マクニカについて
マクニカは1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、東京取引証券所市場第一部に上場し、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。詳細はWebサイト( リンク )をご覧ください。

■MobileIronについて
MobileIronは世界中の企業のモバイルファーストを実現する基盤を提供しています。詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
リンク

■問い合わせ先
モバイルアイアン・ジャパン
広報担当:中村
03-6205-3425
japan@mobileiron.com
モバイルアイアン 広報担当
株式会社井之上パブリックリレーションズ 横田、佐藤
03-5269-2301
mobileiron@inoue-pr.com

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。