logo

本日、ウィラートレインズ(京都丹後鉄道)の鉄道事業再構築実施計画が認定へ

WILLER ALLIANCE株式会社 2015年03月11日 20時15分
From 共同通信PRワイヤー

2015/3/11

WILLER TRAINS株式会社

本日、ウィラートレインズ(京都丹後鉄道)の鉄道事業再構築実施計画が認定へ

京都丹後鉄道の運行を担うWILLER TRAINS株式会社(リンク、代表取締役:村瀬 茂高、以下ウィラートレインズ)が、北近畿タンゴ鉄道株式会社(代表取締役社長:上田 清和)および関係9自治体(京都府、兵庫県、福知山市、舞鶴市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、豊岡市)と共同で認定申請を行っていました鉄道事業再構築実施計画について、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律第24条に基づき、本日3月11日に認定となりました。

本日時点で同計画の認定件数は計6件で、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第41号)が2015年11月20日に施行された後としては、全国で初めてとなります。

ウィラートレインズはこの認定を受け、北近畿タンゴ鉄道株式会社が保有する鉄道施設および車両等を借り受け、第二種鉄道事業者として2015年4月1日を目標に京都丹後鉄道の運行を開始します。ウィラーグループ10年構想である「交通革命とまちづくりが連携することで、地域の価値を向上する」ことを目標に、地域のシンボルとして地元の方々に愛される鉄道を目指すとともに、公共交通と連携した沿線エリアのまちづくりを推進し、地域の価値を向上します。

◆「鉄道事業再構築実施計画」について
地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に規定する鉄道事業再構築事業を実施するための計画です。鉄道事業再構築事業とは、最近の経営状況に鑑み、その継続が困難または困難となるおそれがあると認められる鉄道事業を対象として、経営の改善を図るとともに、地方公共団体等の支援を受けつつ、上下分離の事業構造の変更を行うことにより、その路線における輸送の維持を図るための事業です。

◆「京都丹後鉄道」の詳細
・PCサイト:リンク
・スマートフォンサイト:リンク
・鉄道通称名:京都丹後鉄道(略称:丹鉄)
・路線通称名:
(1)宮津~西舞鶴:宮舞線
(2)宮津~豊岡:宮豊線
(3)宮津~福知山:宮福線
・運行開始日:2015年4月予定

ウィラーグループは、「移動で世界を元気にする企業」をビジョンとし、すべてのお客様がいつでも安心して、快適に利用できる移動サービスを提供します。いつでも新しいことに挑戦し続け、移動にイノベーションを起こし、世界を元気にする「移動産業」を創造いたします。

WILLER TRAINS株式会社はWILLER ALLIANCE株式会社(リンク)のグループ会社です。
この件に関する問い合わせ先:WILLER ALLIANCE株式会社 広報部 山岡 由佳 TEL 050-5810-1843



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事