logo

終活や葬儀の「知りたい」がわかるWebサイト「エンディングデータバンク」をオープン

アーバンフューネス 2015年03月11日 16時00分
From PR TIMES

約28,000件の相談・約12,000件の葬儀から蓄積した葬儀社のデータが、真実を伝えます

株式会社アーバンフューネスコーポレーション(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:中川貴之、以下「アーバンフューネス」)は、エンディングについてどこにも出ていない葬儀社のデータを公開する、データサイト『エンディングデータバンク』を3月11日(水)にオープンしました。
【エンディングデータバンク URL リンク



[画像1: リンク ]



かつて日本では、葬儀について調べる事はもちろん、話題にする事すら不謹慎とされてきました。現代においてその状況は変わりつつありますが、核家族化や近所付き合いの希薄化により、口伝えで知らされてきた葬儀の知識は、知る機会も、知る人も減ってきています。

情報化社会、ネット社会と呼ばれて久しい昨今でありながら、いまだ葬儀の情報・データは十分に出回っている状況ではありません。よくメディアで用いられる「葬儀費用の全国平均」や「選ばれた葬儀形式」などのデータは、有効回答数が600未満、項目によっては220未満の消費者アンケートが元になっています(*)。他分野の市場調査と比べ、心もとないと言わざるを得ません。
*一般財団法人 日本消費者協会 第10回「葬儀についてのアンケート調査」報告書より
[画像2: リンク ]

そこで、葬祭の企画運営を事業とするアーバンフューネスは、自社保有データを様々な切り口で公開するデータサイト「エンディングデータバンク」をオープンしました。一都三県にて、約28,000件の相談・約12,000件の葬儀から蓄積されたデータを元に、知られざる葬儀のデータを発信していきます。

不透明な料金体系や高額な請求など、葬儀社のサービスに対する消費者のイメージは、いまだにネガティブです。エンディングデータバンクは、葬儀の真実や現状を伝える事で、葬儀業界に対するイメージアップを図ります。また、消費者が知識を得ることで、葬儀に対する不安の解消を促します。葬儀を単なる儀式でなく、故人様の人生最後のセレモニーとして前向きに取り組めるようにし、消費者と葬儀事業者双方のレベルアップを目指します。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。