logo

~衝撃・風雨・帯電防止!燃焼性UL94規格取得!Beacon装置~どんな厳しい状況、屋外でも思いのまま!「ToughBeacon」(タフビーコン)取扱い開始

エンプライズ 2015年03月11日 10時16分
From PR TIMES

国内におけるiBeacon、ビーコン開発のリーディングカンパニー「株式会社エンプライズ」

iBeaconアプリケーション、ARアプリケーションの開発と、屋内ナビゲーション事業を展開する株式会社エンプライズ(所在地:東京都千代田区、取締役社長:清 卓也)は、 2015年3月より、屋外など過酷な状況下においても起動する「Tough Beacon(タフビーコン)」の取り扱いを開始いたしました。



[画像1: リンク ]

「ToughBeacon(タフビーコン)」とは?

【衝撃・風雨・帯電防止《 IP-68 》取得】
10M防水・帯電防止のハードプロテクト設計なのでどんな厳しい状況、屋外での利用が可能です。

【燃焼性UL94規格《 V-0 》取得】
屋外での使用はもちろん、屋内でも可能。
数々の厳しいテストをクリアし、難燃性でも《 V-0 》と世界水準の設計となっています。

【屋内・屋外設置場所は無限大】
背面にはベルトループを標準装備しており、パイプやショッピングカートにも設置、活用が可能です。

商品スペック
・商品サイズ
縦27mm x 横37.5mm x高さ48mm
重量:23g
・バッテリー:1000mAh
※350ms intervalにておよそ2年間使用可能
※100ms interval(iBeacon仕様)でおよそ6ヶ月の連続使用が可能
・難燃性
燃焼性UL94規格 V-0
・Temperature
-20°C / +60°C
(※使用環境等により異なります。)
・防水/防塵等級 IP-68
10M防水・衝撃・帯電防止


屋外の厳しい環境下でもしっかりと動作!衝撃・防水・帯電防止!

[画像2: リンク ]

【現場でしっかりと活用する為のタフさを備え持っています】
ビーコンを屋外で使いたいとき、通常のビーコンでは強度や防水性・発火性など安全性が問題となります。タフビーコンは、通常の販売されているビーコンよりも、振動や衝撃、雨風や太陽の光に強い特徴を持っています。

[画像3: リンク ]

【屋外向けにデザインされながらも、どこにでも使える】
タフビーコンの特長として、屋外での利用シーンを想定してあらゆる形状に取り付けられるように設計されています。
スーパーマーケット、商業施設、公園や公共の交通機関、動物園や遊園地など屋内でも屋外でもどんな表面にでも取り付けが可能です。性能はもちろん世界最高水準のBLE Beaconです。

「ToughBeacon(タフビーコン)」商品ページはこちらをご覧ください
リンク


iBeacon とは?

[画像4: リンク ]


『iBeacon』は2013年9月にアップルの「iOS7」に標準搭載された新機能です。サービスは、信号を発信する“ビーコン端末”と、その受信機となる“スマホ”(iBeacon対応アプリがインストールされたもの)、そして情報を配信する“サーバー”の3つで構成され、Bluetoothの低消費電力版である「Bluetooth Low Energy (BLE)」という通信規格でデータを送受信します。
クーポン発行を代表としたプロモーション施策だけでなく、今回のような屋内ナビゲーションシステムや、「人流解析」と呼ばれる屋内行動調査など、その可能性は多種多様です。


【会社概要】

[画像5: リンク ]

社名:株式会社エンプライズ本社:東京都千代田区四番町4-9 東越伯鷹ビル 2F
設立:平成26年11月19日
取締役社長:清 卓也
事業内容:iBeaconを利用したアプリケーションの制作・企画・提案・販売、ARソリューションの企画・提案・販売、スマートフォンアプリの制作・企画・提案、インターネットによる動画配信・音楽配信サービス業
公式サイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事