logo

KingstonのDDR4 SO-DIMMが、近日発売予定の Intel® Xeon®プロセッサD-1500ファミリのバリデーションを獲得

メモリ製品で世界をリードするメモリメーカーのKingston Technologyは本日、間もなくリリースされる4GB/8GB ValueRAM® 2133MHz DDR4 ECC SO-DIMMが、Intelのバリデーション(動作検証)を獲得したことを発表しました。このバリデーションでは、近日発売予定のIntel® Xeon® D-1500プロセッサファミリ(旧Broadwell-DE)での動作が検証されています。詳細については、こちらをご覧ください。

Xeon D-1500 SoC(System on Chip)プロセッサファミリは、マイクロサーバー、ネットワークシステム、ストレージシステム向けに設計されています。データセンター特有のニーズに対応する、パワフルでありながらエネルギー効率や空間効率にも優れたソリューションが求められているなかで、KingstonのDDR4 ECC SO-DIMMは、高密度システムのサポートに必要な低消費電力・高性能を実現しています。間もなくリリースされるこのDDR4 ECC SO-DIMMは、x86およびARMベースのプロセッサやSoCデザイン向けに2013年半ばから発売されている、DDR3 ECC SO-DIMMファミリの後継となります。

Kingston ValueRAMは、製品寿命期間にわたる保証と、無償でのテクニカルサポート、Kingstonの名高い信頼性に裏打ちされています。詳細については、www.kingston.comをご覧ください。


Kingston の関連情報:
Facebook: リンク
YouTube: リンク

Kingston Technologyについて
Kingston Technologyはメモリ製品の世界最大の単独メーカーです。デスクトップやノートPC、サーバー、プリンター用メモリのほか、PDAや携帯電話、デジタルカメラ、MP3プレーヤー向けFlashメモリまで、各種メモリ製品の設計、製造および販売を行っています。Kingstonは現在、米国カリフォルニア、台湾、中国、インド、オーストラリア、ベトナム、欧州、ロシア、ウクライナ、トルコ、南米に製造施設を構えているほか、世界各国に営業拠点を置き、関連企業を含めたグローバルなネットワークを形成しています。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。