logo

東芝ソリューション、旭化成ホームズのアフター業務管理システムを刷新し高品質なサービス提供をICTで支援

~ 新築戸建て住宅部門3年連続No.1のアフターサポート力を「T-SQUARE(R)/AS」で強化 ~

東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信 以下、東芝ソリューション)は、戸建て住宅「へーベルハウス」や賃貸住宅「へーベルメゾン」を展開する大手住宅メーカーである旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田英輔 以下、旭化成ホームズ)のアフター業務管理システムを、CRMソリューション「T-SQUARE(R)/AS(ティー・スクエア・エイ・エス)」で刷新しました。

 旭化成ホームズは、創業当初から「安心・安全で長期にわたって高い価値を維持する住まいづくり」を目指し、これまで多くのお客様に快適な住空間を提供してきました。アフターサポートにおいても60年点検システムを業界に先駆けて導入するなど、「ロングライフサポート」の実践とお客様満足の向上に力を注いでいます。

 東芝ソリューションは、旭化成ホームズのアフターサポート力を一層強化する新しいシステムを、アフターサービスソリューションパッケージ「T-SQUARE(R)/AS」をベースに構築しました。2014年2月に全国の旭化成ホームズのお客様からの問い合わせ窓口を中心に稼働を開始して以降、使用実態に合わせて改良を続けてきましたが、このたびリニューアルが全て完了しました。
 同社のアフターサービス業務を支える新システムは、日経ビジネス「2014年版アフターサービス満足度調査」新築戸建て住宅部門でNo.1を獲得した高品質なサービス提供の一端を担っています。

 新システムは、定期点検や修理の予定(計画)から完了(実績)までの一元管理、周辺システムとのシームレスな連携、各パートナー会社とのコミュニケーション強化等を実現し、必要データの検索・取得時間の短縮や、サービスマンの手配にかかる時間の短縮といった効果がすでに出ています。
またKPI(*2)のリアルタイムでの見える化による進捗管理の向上や、きめ細かい承認権限の導入によるコンプライアンスの向上などとあわせて、これまで以上にお客様へ高品質なサービスを提供することが可能となりました。


●新システムの特長
1.お客様の情報、及び建物の情報を起点に必要な全ての情報が連携されることで、修理・点検作業履歴の一元管理はもとより、お客様それぞれの状況にあった適切なサポートやサービスコールに対する完了までのリードタイム短縮を実現

2.長期にわたって安全で快適なくらしをサポートするための「建物メンテナンス計画」を自動生成し、タイムリーなサポートを確実に行うことでお客様満足度の向上に寄与

3.社外のパートナー企業にもシステムを利用いただくことで作業手配や交換品確認等の作業スピードを向上

4.モバイルPCからシステムを利用し、現場で必要な情報の参照や登録を行うことで現場対応力の強化を実現


●T-SQUARE(R)/ASについて
 東芝ソリューションの「T-SQUARE(R)/AS」は、アフターサービス業務ノウハウを結集し、業務の一貫サポートとお客様視点でのサービス提供を実現するソリューションです。東芝ソリューションは、旭化成ホームズへの導入実績を「T-SQUARE(R)/AS」へフィードバックするとともに、M2M、カスタマーポータル等も含めたオムニチャネル対応を強化し、また音声認識をはじめとするメディア・インテリジェンス(*3)や、使用・稼働データに基づく予兆分析等、新たな技術の採用を進め、アフターサービス業務をより強力にサポートする製品としてこれからもさまざまな企業様へ提供していきます。


※T-SQUAREは東芝ソリューション株式会社の登録商標です。
※本文中の商品名または会社名は、各社の商標または登録商標の場合があります。



■T-SQUARE(R)/AS アフターサービスソリューション
リンク
リンク

このプレスリリースの付帯情報

T-SQUARE/AS システム概要図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

(*1)日経ビジネス2014年11月3日号
   「2014年版アフターサービス満足度調査」新築戸建て住宅部門
(3年連続No.1:2012年版/2013年版/2014年版)
(*2)KPI(Key Performance Indicator):重要業績評価指標
(*3)メディアインテリジェンス:音声認識や音声合成、画像認識など
   のメディア処理と、それらのデータが持つ意味を理解して分析する
   などの知識処理を融合した技術

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。