logo

現代のメキシコをロンドンで体験 英国におけるメキシコ年が開幕

Mexico Tourism Board 2015年03月03日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

現代のメキシコをロンドンで体験 英国におけるメキシコ年が開幕

AsiaNet 59675 (0312)

【ロンドン2015年3月2日PRN=共同通信JBN】
*「英国におけるメキシコ年(Year of Mexico in the UK)」を祝うイマーシブな期間限定パビリオンがロンドンのサウスバンクに登場

*メキシコ主催のインタラクティブ展覧会がシティ・ホール近くのポッターズ・フィールズ・パークで2月25日(水)から3月11日(水)まで開催

「英国におけるメキシコ年」祭典の一環としてロンドンのポッターズ・フィールズ・パークで2月25日(水)から2週間開催されるインタラクティブかつイマーシブな展示会に行けばメキシコについて想像をかき立てるストーリーを楽しめるだろう。この期間限定の施設は素晴らしい白いドームで、テムズ川に沿いのにぎやかなロンドン・サウスバンク地区に位置し、同市のアイコンであるランドマークの数々からも近い。

(Photo: リンク

魅力的な体験はあらゆる年齢層にオープンにされる予定で、最先端技術を使ってメキシコを物語る最新の革新をフィーチャーする。このドームは今までマドリッドや北京を回っていたもので、ビジターを素晴らしい国、メキシコへ想像を超えた楽しい旅に誘う。

ゲストは360度のインタラクティブ旅行や拡張現実を通じて、急流下りのスリルを感じ、メキシコシティ上空を熱気球で飛行し、世界的に有名なメキシコの遺跡やにぎやかな町並みにトリップすることもできる。

また、ドーム内には世界でも最もユニークな芸術作品「Vochol」を展示。これはフォルクスワーゲン・ビートルを200万個以上のビーズで飾ったもので、これをデザイン、装飾するために8人のアーティストが9000時間以上も費やした。

メキシコは、またその豊かな食品のヘリテージを非常に誇りにしている。注目すべきは、メキシコは料理がユネスコの無形文化遺産に登録された国である事だ。そこで、ドームでこの活気に満ちた国の料理に食欲をそそられたら、ビジターは展示会の外にある本物のメキシコ料理を試食することができる。有名なメキシコ料理店Wahakaの新鮮な市販食品が準備されている。

▽この展覧会には他にも多くの楽しい催しがある。
*先端3D技術を使ったインタラクティブなタッチ・スクリーンで見るメキシコ芸術
*メキシコの最新ファッションや伝統的なドレスをバーチャルに試着できるバーチャル更衣室
*文化、太陽とビーチ、アドベンチャーと自然、ビジネスとぜいたくなどいろいろな観光資源をタッチ・スクリーンを使って調べることができる素晴らしいビデオ映像と音声によるストーリーテリング
*360度のバーチャルツアーで楽しむメキシコの32州。その中には考古学的な遺跡、街のにぎわい、世界遺産、自然地域、魅惑的な町などがある
*チチェン・イツァ、カンペチェ市、パセオ・デ・ラ・レフォルマの3つのどれかを背景に選んで写真撮影し、ソーシャル・メディアで友達とシェア
*航空宇宙、自動車、クリエーティビティー、サステイナビリティー、美食、経済などのトピックによる11のビデオでメキシコをビジュアル紹介
*農業、自動車、銀器、クリエーティブ業界などの例を含めメキシコの業績を視覚的に紹介するインタラクティブなテーブル
*スペイン侵略以前の有名なメキシコの遺物の15点以上をホログラフィー映像で展示

メキシコの期間限定パビリオンは2015年2月25日(水)から3月11日(水)まで毎日10時から20時までポッターズ・フィールズ・パークで一般に公開される。ポッターズ・フィールズ・パークはロンドン・サウスバンク内に立地され、シティ・ホール(SE1 2AA)からも近い。入場は成人、子どもともに無料。

ソース:Mexico Tourism Board

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。