logo

メディアテックがデバイス・ソフト共有の新標準としてCrossMountを発表

メディアテック 2015年03月02日 17時40分
From 共同通信PRワイヤー

メディアテックがデバイス・ソフト共有の新標準としてCrossMountを発表

AsiaNet 59660 (0302)

【バルセロナ(スペイン)2015年3月2日PRN=共同通信JBN】
*コンテンツ、ハードウエア、ソフトウエアのリソースを素早く簡単に共有することによって、複数のデバイスが一体化されより強力な単一のデバイスとして作動する

メディアテック(MediaTek)は2日、異なる複数の消費者用デバイスでハードウエア、ソフトウエアのリソースを簡単に共有できるようにする新技術、CrossMountを発表した。CrossMountフレームワークは、クロス・デバイスコンバージェンスの新しい標準として設計されており、適応するどんなデバイスでもユーザーが認証したハードウエアやソフトウエアリソースを確実に使用、共有することを可能にする。CrossMountはメディアテックの顧客とパートナーにとってオープンかつ採用の容易な技術であり、複数のデバイスを単一のデバイスとして有効に使用したり、アプリケーションやハードウエアリソースを共有したりする可能性を開く。

CrossMountはその機能をUPnPプロトコルに基づくマウント・スタンダードと定義しており、主としてAndroidとLinuxで実行でき、また他のプラットフォームでも実行可能である。CrossMountはシンプルなディスカバリー、ペアリング、認証を通じて作動し、スマートフォン、タブレット、テレビでハードウエアとソフトウエアの両方をデバイス間で使用する。デバイス間の交信は、ホームゲートウエー(無線LAN)やピアツーピア(WiFi)を通じ直接デバイス間で行われる。ディスカバリーとペアリングは簡単なソフトウエアの実行で行われ、これによってWiFi対応デバイスはすべてクラウド・サービスなしでリソースを共有することができる。

メディアテックのシニアバイスプレジデント、ジョー・チェン氏は「消費者は家庭、学校、職場で多くのインターネット接続デバイスに触れるが、CrossMountは簡単なデバイス同士の接続やリソース共有に新しい標準を設定している。われわれとしては、この革新技術を当社の広範な世界の顧客とパートナーのエコシステムに普及させ、人々の生活を一層豊かにするよう彼らの想像力を解き放ちたいと考えている」と語った。

例えば、CrossMountがデバイスを使用することによって、視聴者は簡単にテレビの音声を自分のスマートフォンのイヤフォンとペアリングさせたり、音声コントローラーとして自分のスマートフォンのマイクを使用し自分のスマート・テレビのコンテンツを探したりできる。CrossMountスタンダードは、いくつかのデバイスが単にコンテンツの共有だけでなく、一体化したデバイスとして作動することを意味しており、ユーザー体験にとって画期的である。

ジョー・チェン氏はさらに「CrossMountは、すでに業界で開発されている携帯電話機からテレビへのミラーリングよりはるかにすごいものである。CrossMountはスマート・デバイス間のハードウエア、ソフトウエアの機能共有によって、さらに数歩も先を行っており、その機能でスマートフォンのカメラをテレビにマウントし、テレビをビデオ会議に使用するなど多くの有用で複雑な使用法を創りだすことができる」と述べた。

メディアテックはCrossMountを業界標準として採用を促進しようと、この技術を前進させる新しい可能性を探究すべくパートナーと顧客の広範なエコシステムにCrossMount Allianceを結成した。CrossMountは、デバイスとコンテンツの使用・共有方法を変えるべく、革新的で新しいアプリケーションを創造する力を拡大するため開発者にはオープンにされる。Chang-hong、ハイセンス、レノボ、TCLはCrossMountをサポートする最初のメディアテック顧客である。

CrossMountはAndroidベースのスマートフォン、タブレット、テレビ製品でメディアテックの顧客とパートナーにことし第3四半期に利用可能となり、CrossMount搭載デバイスは今年末までに市場に出荷される見通し。

▽メディアテック社(MediaTek Inc.)について
メディアテックは、ファブレス半導体企業の先駆者であり、ワイヤレス・コミュニケーションおよびコネクティビティー、HDTV、DVD、ブルーレイ向けSoC業界における市場のリーダーである。モバイル機器向けでは、LTEモデムを搭載した世界で初めて8コアの同時駆動を実現したTrue Octa-core(TM)プラットフォームをリリース。同製品は、CorePilot(TM)技術を搭載し、複数のコアを抱えたプロセッサーの能力をフルに引き出すことが可能となっている。また、MediaTek Labs(TM)を通じてウエアラブル機器向けに世界規模のエコシステムを提供している。同サービスにて、ウエアラブル機器およびアプリケーションの開発、当社提供製品に関連した数々のサービスを提供している。選ばれた人ではなく一般向けのテクノロジーを活用することで、あらゆる人がEveryday Genius(R)になれると確信している。メディアテック(TSE:2454)は台湾に本拠を構え、世界各国に拠点を持っている。詳細はwww.mediatek.comを参照。

メディアテック
Twitter(リンク
YouTube(リンク
Website(リンク

メディアテックプレス オフィス:
PR@mediatek.com

クリスティン・テイラー(Kristin Taylor)MediaTek Inc.
+1-858-731-9270
2860 Junction Ave, San Jose, CA 95134, USA

ジョーイ・リー(Joey Lee)MediaTek Inc.
+886-3-567-0766 # 31602
30078台湾新竹市新竹科学工業園区篤行一路1号

ソース:MediaTek Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事