logo

「土地の記憶 パネル展」を開催します。

株式会社東京国際フォーラム 2015年02月25日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年2月25日

株式会社東京国際フォーラム

「土地の記憶 パネル展」を開催します。
~むかし、この地に東京都庁があった~
2015年3月17日(火)~3月30日(月)/於:東京国際フォーラム

株式会社東京国際フォーラム(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:上條清文)は、2015年
3月17日(火)から3月30日(月)の期間「土地の記憶 パネル展」~むかし、この地に東京都庁があった~
を開催します。

本展示では、現在、東京国際フォーラムが建つこの地に、1991(平成3)年まであった東京都庁の歴史の
変遷を記録した貴重な写真を公開します。
東京国際フォーラムがあるこの場所は1894(明治27)年、東京府庁が建設されてからおよそ1世紀に
渡って、東京全体の行政を司る庁舎が建っていました。
しかし、その後の新宿への都庁舎移転から4半世紀が経過しようとする現在、この事実の記憶をとどめる
方は少なくなってきています。

1964(昭和39)年の東京オリンピックでは、日本全国を4つのコースで縦断した聖火が旧丸の内第一本庁舎
(現東京国際フォーラム)に集結し、庁舎の壁面は五輪のシンボルマークと万国旗で飾られました。
なお東京2020年オリンピック・パラリンピック競技大会では、ここ東京国際フォーラムを会場として
ウエイトリフティングが行われる予定です。

皆さんの記憶に残る旧都庁舎はどの一枚でしょうか。
往時の写真をご覧いただきながら、ひとときのタイムスリップを味わっていただくとともに、未来の東京に
思いを馳せてお楽しみください。

東京国際フォーラムはこの写真展を通じて地域との連携を強め、魅力あるまちづくり、文化の振興と創造に
貢献します。

【「土地の記憶 パネル展」開催概要】
■催事名 :土地の記憶 パネル展~むかし、この地に東京都庁があった~
■開催日程:2015年3月17日(火)~3月30日(月) ※入場無料
■開催時間:7:00~23:30(東京国際フォーラム開館時間内にご覧いただけます。)
         ※ただし、3月30日(月)は17時にて終了
■会場 :東京国際フォーラム ガラス棟1階 太田道灌像前スペース(東京駅寄り)
■主催 :株式会社東京国際フォーラム

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事