logo

インドネシアの新車販売台数、2015年に前年比5%増で成長、126万8,000台に成長へ

フロスト&サリバンは2015年のインドネシア自動車市場に関する予測をまとめました。フロスト&サリバンの調査分析「2015年 インドネシア自動車市場の展望」によると、2015年の新車販売台数(乗用車、商用車を含む)は前年比5%増の126万8,000台に到達する予測となっています。自動車業界に向けた投資の拡大やインドネシア政府によるインフラ整備に向けた支出の拡大、中所得者層の増加などによって、2015年に新車販売台数の拡大が予測されます。

「2015年のインドネシア経済は推定5.5%での安定した成長が予測されており、自動車販売台数の成長が見込まれる。燃料補助金の削減によるインフレ圧力の高まりは、世界的な燃料価格の引き下げによって抑制されるだろう」と、フロスト&サリバン自動車・交通運輸部門バイスプレジデントのビベック・バイダは述べています。

「しかし、多くのモデルで高価格の部品は未だ輸入されており、インドネシア・ルピアが対ドルで弱い状況にあることから、自動車輸入にかかるコストの上昇が予想される」とバイダは話しています。「今後もしルピーが下落した場合、輸入完成車(CBU)の中でも特に高級車の価格の引き上げが予想される。『LCGC(ローコスト・グリーンカー)』については、高いレベルでのローカライズ化が進んでいるため、価格引き上げの影響を最も受けにくいだろう」とバイダは述べています

今後5年間にかけてインドネシア自動車市場を形成する重要な要素は、LCGCおよびLEC(排出ガス抑制規制)、次世代の自由貿易協定(FTA)、輸出の重点的な取り組み、タイ自動車市場との競争、そしてASEAN経済共同体(AEC)発足の5つが挙げられます。「AEC発足は、バリューチェーン全体において、インドネシア国内の自動車市場形勢に変化をもたらすだろう」とバイダは述べています。

2014年のインドネシアの新車販売台数(乗用車、商用車を含む)については、前年度比1.8%減の120万8,000台に留まり、5年連続での成長が止まる結果となりました。これは、主に商用車の販売台数が前年比6%減の32万8,558台に減少したことが背景にあります。

さらに、中国や日本といった主要な輸出先における経済の停滞や、工業製品の輸出減に伴う商用車の需要減少が、2014年の新車販売台数の減少へとつながりました。2014年のインドネシアにおける経済成長は5.1%に留まり、電気や賃金、奢侈税などの関税率の上昇によって、国内新車販売台数が減少しました。

その一方で、自動車販売台数の減少にも関わらず、2014年にはASEAN(東南アジア諸国連合)自動車市場でのシェアにおいて、インドネシアが38%と、タイを11%上回る結果となっています。

***********************************************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 www.frostjapan.com

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com /URL: www.frostjapan.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事