logo

BIMで生産性向上にPDFが活躍!アドビシステムズが無料セミナーでご紹介【大塚商会、アドビシステムズ共催】

株式会社大塚商会とアドビシステムズ株式会社は、 アドビシステムズ(東京都品川区)にて『リッチコンテンツを使った新たなナレッジ共有の実現手法』セミナーを2015年2月25日(水)に開催します( リンク )。
BIM(Building Information Modeling)の運用環境では、複数の会社の出入りも少なくありません。
このように関係者が多く、調整事項も多い中で、異なるPC環境やアプリケーションの差異を意識することなく確実に情報共有や共同作業をできるのがPDFの利点です。



[画像: リンク ]



プロジェクトに関する情報は文書ドキュメントのみならず、図面・写真・工程表など、さまざまなフォーマットの情報が、膨大な数になります。それらを1つの情報ソースとして一元管理ができるという点が、まさに建築業界の業務プロセスにフィットしており、多くのお客様が標準ツールとして利用されている理由のひとつであると考えます。

さらにAcrobatならCADで作成される複雑な図面や3D情報を確実に表現できますので、共通理解の促進と作業工数の削減が可能になります。
このような業務改善につながるヒントをご提供するビジネスセミナーです。

▼お申し込み、詳細はこちら
リンク

■開催概要
【日時】2015年2月25日(水)13:30~15:30(受付13:00~)
【会場】アドビシステムズ(東京都品川区大崎)
【対象】建築業(設計・建造・土木・設備保全・システム部門ご担当者様)

【セッション内容】
・設計、デザインの生産性を強力に向上~Creative Cloudで実現する次世代デザイン業務のありかた~
・Acrobatが支える、設計→施工→管理バリューチェーンにおける安全&高度なナレッジ共有
・3D PDF ConverterによるBIMデータの活用事例
・質疑応答、ご相談会

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
□■「アドビといえば大塚商会」□■
大塚商会は、Adobe(アドビ)製品販売実績国内No.1を継続しています。
アドビ専任部隊を構え、デザイン系製品からサーバー製品まで、万全の体制でお客様に最適な
ソリューションをご提案します。

アドビ製品のことなら、大塚商会にお任せください。
リンク
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■お問い合わせ
株式会社大塚商会 マーケティング本部 ライセンスプロモーション課
TEL:0120-434-466 (平日9:30~17:30)
E-Mail:adobeinfo@otsuka-shokai.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事