logo

パンとお菓子のイノベーション 「2015モバックショウ」で“一押し”商品ご紹介

日本製粉株式会社 2015年02月17日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年2月17日

日本製粉株式会社

パンとお菓子のイノベーション
「2015モバックショウ」で“一押し”商品ご紹介
~開催期間:2015年2月18日(水)-21日(土)~

 日本製粉(株)(社長 小寺春樹)は、2月18日(水)から21日(土)まで幕張メッセで開催される「2015 モバックショウ(第24回国際製パン製菓関連産業展)」に出展し、製パン・製菓で活躍する商品を試食やセミナーを交えてご紹介いたします。

 当社は、ベーカリー向けとパティスリー向けの2つの切り口から、それぞれのテーマに合わせた提案を行います。
 ベーカリー向けは、ベーカリーの売上げの主力となっている「食パン」「フランスパン」「カレーパン」に注目し、それぞれのパンに求められる“美味しさ”に合わせて当社「一押し」の小麦粉・ミックス粉を、試食を交えながら提案いたします。
 パティスリー向け提案では、製菓において小麦粉が、出来上がりの食感や風味に大きく影響を与えることや、クオリティを向上させる点について、試食を交えながらご提案いたします。
 当社は、これからもお客さま目線に立った商品開発と、各種展示会への出展、全国各地での講習会の開催などを通じて、食文化の発展に貢献してまいります。


1. 2015モバックショウ(第24回国際製パン製菓関連産業展)開催概要
■開催日時 : 2015年2月18日(水)~21日(土) 10:00~17:00 (※)4日間
■開催場所 : 幕張メッセ・国際展示場 4・5・6・7・8 ホール  
        (千葉市美浜区中瀬2-1) 
■予定展示規模 : 286社/1,649小間
■テーマ : パンとお菓子のイノベーション
■詳細は、モバックショウ公式ホームページをご覧ください
 > リンク

2. 当社出展概要
■会場・小間番号 : 8ホール 842
■出展内容 :
●『コナコレ!』(ベーカリー向け)
ベーカリーにとって重要な「食パン」「フランスパン」「カレーパン」に注目し、それぞれのパンごとに「キャサリン」をはじめとする“一押し”の「粉」をご提案
●『patisserieLABO』~Farine de Specialite~ (パティスリー向け)
お菓子作りにおける小麦粉の役割と粉選びのポイントをご提案

3. 当社出展商品一例
■パン用粉「キャサリン」
一粒の小麦から、最良の部位のみで作り上げた贅沢なパン用粉。「キャサリン」とは、「純粋」を語源とする人名“キャサリン(ギリシャ語で「カタロス」)”に由来。灰分を抑えることで伸展性の良いグルテンが形成されるため、しっとりとした耳までやわらかいパンに仕上がる。本物の味わいを追求するプロフェッショナルへ想いを込めて届けたい逸品。
■フランスパン用粉「クラシック」
“美味しいフランスパンを届けたい”という想いで開発した、「日本」における「日本」のフランスパン用粉。「味・香り」が強いといわれるフランスの<挽き方>を研究し実現させた同社独自の製法を採用。原料には“甘み”のある国内産小麦を使用。濃くて深い味わいや風味、噛むほど感じる甘みが特長。
■Y112イーストドーナツミックス
2014年に発売した新商品。ベーカリーの重要なアイテムであるカレーパンの品質アップを目指す。特長は、(1)サクッと歯切れのよい食感と口溶けのよさ、(2)腰高でつぶれにくく、時間が経ってもシワが出にくい、(3)生地の伸展性があり、扱いやすい、(4)冷凍耐性がある。
■ゴールドラベルホイップクリーム
2015年春に発売を予定している新商品。軽い口どけと、ほんのり甘いミルク風味が特長のリキッドタイプのホイップクリーム。食パンのホイップサンドやスイーツはもちろん、ドリングのトッピングなど、幅広い用途に利用できる。
■菓子用粉「シリウス」
北海道産小麦粉100%の洋菓子専用粉。従来の国内産小麦粉にはなかった洋菓子適性を実現。「シリウス」とは、ギリシャ語で<光り輝くもの>に由来。洋菓子を“輝かせる”小麦粉を目指した。浮きの良さと作業適正があり、しっとりとソフトで口どけがよく軽い食感に仕上がる。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事