logo

Nexenta海外コラム『2015 年はやったことが返ってくる年になるとの予測』

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、Nexenta海外コラム『2015 年はやったことが返ってくる年になるとの予測』を公開しました。

###
文化においてあらゆるものは繰り返す面があり、それは私たちの生活のどの分野でも起こります。ファッションの世界では、あの喧騒な1920年台のものであれ1970年台のものであれ、ビンテージなものが目につきます。音楽の世界では、ジャスティン・ティンバーレイクのようなアーティストが初期のマイケル・ ジャクソンの時代を思い起こし、また、シナトラの時代のラットパックの現代版のようなアーティストもいます。テクノロジーの世界も同じで、2015年の現 在でも、私たちの生活は繰り返しているのです。私はここ20年ほどテクノロジーの世界で過ごしてきました。初めは大型汎用コンピューターや合成用のグリー ンスクリーンを扱うクライアントとの仕事をし、その後x86サーバーの仕事にシフトしました。ここ数年はバーチャルサービスが主流になってきたのを見て、 中央集中型のサーバーセットアップに戻ることになりました。バーチャルデスクトップは勢いを増し、私たちはシンクライアント(ユーザーが使うクライアント 端末の機能を必要最小限(シン)に抑え、ほとんどの処理をサーバー側に集中させたもの)を扱うようになりました。かつて私たちが成長したときに通った道に あった、シンプル&効率を思い出します。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事