logo

NTT i3、クラウド対応エンタプライズを実現するElastic Service Infrastructureを発表

NTT Innovation Institute 2015年02月11日 11時30分
From JCN Newswire

Palo Alto, CA, Feb 11, 2015 - ( JCN Newswire ) - NTT Innovation Institute Inc. (NTT i3)は、Elastic Service Infrastructure (ESI)の限定ベータリリースを発表します。ESIは、急激なクラウド普及、セキュリティ脅威の増大、ネットワーク機器の増大と拡散、インターネットアクセストラフィックの増大による広域通信網(WAN)やデータセンタリンクの過負荷などにより企業が直面している課題に対応します。

NFV対応エンタプライズネットワーキングのインフラであるESIは、オープンスタックベースのクラウドオーケストレーションプラットフォームであるJuniper NetworksのContrail(TM) Cloud Platformと、Sproute Networks技術を活用しています。

ESIは、幅広い顧客ニーズに対応するように設計されています。

- ESIは、近接した通信事業者のデータセンタで、クラウドとインターネットトラフィックの負荷を軽減し、過度に拡大したWANおよびデータセンタリンクでのトラフィックを減らします。

- ESIは、ネットワーキング企業がどんな通信事業者ネットワークでもas a serviceとしてVNF (virtual network function)サービスを提供できる新市場を生み出します。

- 企業は、ESI市場の多くのVNFサービスのひとつを使って、少ないコストで容易かつ迅速にネットワークを低コストで更新できます。

- ESIではインターネット経由でソフトウェアVPNを使用して、エンタプライズWANでインターネット帯域幅を利用できるようにします。

NTT i3は、Dimension Data、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、NTT (サービスイノベーション総合研究所)などのNTTグループ企業とESIの現場トライアルを開始します。大手ネットワーキング企業のいくつかも、先進VNF製品とNTTのグローバルインフラを活用したNFVベースのソリューションの共同開発のため、トライアルに参加する予定です。

「NTT i3で我々は、SDNの専門知識やエンタプライズネットワーク東郷およびアウトソーシングの現場経験をさらに活かしていきます。この市場トップクラスのNFV実装は、Software-Defined Enterpriseへの変革に対するお客様の期待を上回るものであると強く信じています。」と、NTT Innovation Institute CTOのMayan Mathenは述べました。

「NTT i3のElastic Services Infrastructure (ESI)手法やイノベーションにより、現在の市場では不可能な、ネットワークの従来部分での自動化が可能になります。これによりサービス業務の合理化に可能性が拓け、お客様がシームレスで非常に自動化された方法で、関連ネットワークやセキュリティ技術の展開をできるようになり、既存技術の再生や、特定の時点での特定の課題への対応や単にコストと業務におけるメリット実現のための関連技術の展開など、さまざまなファクタによりさらに促進されます。つまり最先端におけるSDN (Software-Defined Networking)の先駆けとなると考えることができるでしょう。」と、 Dimension Data CTOのEttienne Reineckeは述べました。

「NTTコミュニケーションズはお客様のために強力なROIを生み出す新サービスの開始に力を注いでいます。NTT i3の研究開発アプローチは、NTTグループがITサービス分野で業界をリードするイノベータであることを実証しています。」と、NTTコミュニケーションズ取締役の大井貴は述べました。

「ESIプラットフォームは、業務簡素化とサービスアジリティというNFVのふたつの大きな利点を提供するものですので、Juniperがこの一部となることを光栄に感じます。さらにESIでは、Best-of-Breedのネットワーキングサービスとインフラベンダが集結していますので、キャリアクラスのNetwork-as-a-Serviceを提供する迅速で反復的なコラボレーションが可能です。新しい設備や専用機器を必要とせずにクラウドやお客様構内からセキュリティ、ロードバランシング、キャッシング、VPN機能などのオンデマンドサービスの提供が可能ですので、NTTやお客様に大きな経済的メリットをもたらします。」と、Juniper Networksクラウドソフトウェア本部長でVPのAnkur Singlaは述べました。

NTT i3は、2015年2月19~20日に東京で開催されるNTT R&Dフォーラム2015で、ESIの展示をします。

詳しくは esi-contact@ntti3.com までお問い合わせください。

NTT i3 について

NTT Innovation Institute, Inc.(NTT i3)は、NTTグループのオープンイノベーションおよび応用研究開発センターで、本拠はシリコンバレーにあります。研究所では世界各国のNTT運営会社やお客様と緊密に協業し、市場主導型でお客様第一のソリューションとサービスを開発しています。NTT i3は、年間研究開発投資額35億米ドル以上におよぶNTTグループの豊富な知的資本ベースを活用しています。NTT i3と世界トップクラスの科学者や技術者は、著名な技術会社やスタートアップ企業と提携して、戦略、ビジネスアプリケーション、データ、インフラなどの市場トップクラスのソリューションを提供しています。

NTT i3について詳しくは www.ntti3.com リンク をご覧ください。

メディアお問い合わせ先
Kevin Sugarman
ksugarman@globalfluency.com
GlobalFluency
+1-408-677-5311

概要:NTT Innovation Institute

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事