logo

インフォキュービック・ジャパン 越境向け多言語Eコマース「G-trade」の販売を開始。

株式会社インフォキュービック・ジャパン 2015年02月05日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

20150205

株式会社インフォキュービック・ジャパン

インフォキュービック・ジャパン 越境向けEコマース「G-trade」の販売を開始。多言語検索エンジンマーケティングとセットで、ワンストップ海外ECソリューションを提供。

この度、インフォキュービック・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:山岸ロハン、以下インフォキュービック)は、越境向けEコマース「G-trade」をリリースいたしましたことをお知らせします。
G-tradeは、多言語・多通貨対応など、需要の高まる企業の海外進出向けECに特化、越境ECに取り組む企業を強力にバックアップする商品です。
さらにインフォキュービックは、長年に渡る多言語検索エンジンマーケティングで培った豊富なノウハウを付加価値として提供。越境ECの総合ソリューションとして提供していきます。

■G-tradeの特長
G-tradeは、多言語・多通貨で決済可能な、越境向けECプラットフォームです。G-tradeひとつで、越境ECの構築、翻訳、海外WEBマーケティングまで、多言語ECのワンストップソリューションを得られます。
<G-tradeの強み(抜粋)>
・50種類上の言語に対応(管理画面内も多言語化されています)
・100種類の通貨に対応
・マルチストア機能(翻訳した商品情報をアップするだけで新しい言語ページが即座に追加されます)
・Amazon Web Serviceを利用したクラウドホスティング(注力する販売地域でホスティングが可能)
・ソーシャルログイン機能(facebook、Google+)
・翻訳クラウドと連結(ショップオーナーは管理画面内から翻訳の発注が可能になります)
・マーケティングクラウド機能(管理画面から海外向けの広告商材の相談、購入ができます)

■G-tradeリリースの背景
国内のECマーケットは成熟期に入っている一方で、アマゾンなどの外資系ECも参入。日本企業も積極的に海外への進出が求められてます。こうした中、越境、多言語でのECを想定したショッピングカートサービスが少ないのが現状です。インフォキュービックはG-tradeを使い、企業の越境EC分野への参入支援をより強化します。

■インフォキュービック・ジャパンについて
インフォキュービック・ジャパンは、「インターネットマーケティングを通じて日本と世界を繋げる」を経営理念として、グローバル検索エンジンマーケティングで10年以上の実績を誇っております。
プロフェッショナルなネイティブスタッフをはじめ世界中に広がるネットワークで日本企業、海外企業の戦略的なグローバルWeb展開をワンストップで提供しています。

【会社名】株式会社インフォキュービック・ジャパン
【設立】 2007年1月(日本法人設立)
【資本金】 10,000,000円
【代表取締役】 山岸 ロハン
【所在地】〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-29 西新宿ビル7F
TEL: 03-5348-5073  FAX: 03-5348-5074
URL: リンク

■米国 Info Cubic LLC.
 【 設 立 】2002年4月 米国にてInfo Cubic LLC 設立
 【 所在地 】9250 E Costilla Ave Suite 230, Greenwood Village, CO 80112

■事業内容
グローバル検索エンジンマーケティング
・検索エンジン最適化サービス
・リスティング広告コンサルティング
・ソーシャルメディアマーケティング
・グローバルウェブサイト制作


<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>
株式会社インフォキュービック・ジャパン
担当:山岸
URL: リンク
TEL: 03-5348-5073  FAX: 03-5348-5074

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。