logo

m-floやMACOへの提供曲も話題!最新EPをリリースした「J-Hype」からインタビューが到着!

株式会社ONEPEACE 2015年02月04日 19時00分
From PR TIMES

昨年、2 枚のアルバムリリース、そして「m-flo」や「MACO」への楽曲提供などで引っ張りだこのシンガー・ソングライター「J-Hype」の最新ミニ・アルバム『I Believe In Love』がiTunes限定でリリースされた。それに伴い、本人からインタビューが到着!



[画像: リンク ]

ーー本作は日本で4枚目のアルバムですが、現在のお気持ちをお聞かせください。
また、日本のみんなとアルバムがシェアできてとても嬉しいよ!

ーー本作は初のEP作品ですが、何故EPをリリースしようと思ったのですか?
特にEPをリリースしようって決めてたわけじゃないんだけど、僕は音楽を作ることが好きだし、常に新曲はストックしてあるから、コンパクトなEPという形で、みんなに早く新曲を聴いてもらおうと思ったんだ。

ーーなるほど。このアルバムのコンセプトを教えてください。
誰もが恋愛中に感じる心の浮き沈みを、僕なりに表現した作品になっていると思うよ。

ーータイトル曲の"I Believe In Love"はどんな楽曲ですか?
この曲はその愛が本物かどうかを見極めてるところから始まるんだけど、それが本物の愛だったって確信に変わる瞬間ってあるでしょ?
そんな男心を歌ったのがこの"I Believe In Love"なんだ。

ーー"She says"は冬っぽいバラードナンバーですね!
この曲は夏に書いたんだけどね(笑)。凄く良いバラードナンバーになっていると思うよ。

ーー今、ニューヨークはとても寒いと思いますが、こういった冬に良く聴く楽曲はありますか?
そうだね、やっぱり冬と言ったらクリスマスソングとかホリデーソングとかを良く聴くね。

ーー日本人が冬に良く食べる、鍋やおでんは知っていますか?
それは日本の食べ物?知らないなあ・・・。
でも、日本に行ったら是非食べてみたいね!

ーー2014年を振り返ってみていかがでしたか?
去年は凄く良い年だったと思うね。
僕自身2枚のアルバムをリリースできたし、10曲以上の楽曲を提供できたからとても満足しているよ。

ーー今年はどんなことに挑戦していきたいですか?
とにかく、僕なりに頑張ろうと思う。
もっと楽曲リリースして、色んなアイデアを実現できたら良いな。

ーー今年中に、新しいEPをリリース予定なんですよね?
そうなんだよ!みんな楽しみにしててね!

ーー最後に、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。
日本のみんな、いつも応援してくれてありがとう!
僕の最新作『I Believe In Love』、是非チェックしてね♪

ご購入はこちらから→ リンク
2015/1/28 (※iTunes 限定リリース)
¥750

■J-Hype 『I Believe In Love』
1. I Believe In Love
2. Pushing You Away
3. Heavenly
4. Our Song
5. She Says
6. Talk My Way Out Of It
7. Love Again
8. All Alone

[動画: リンク ]



【バイオグラフィー】
「Lee Carr」「Lil Wayne」さらには「Justin Bieber」など多くの大物アーティストの楽曲を手掛け、その巧みなソングライティ­ング能力と日本人好みのメロディメイクで、2013年にiTunes限定でリリースし­たデビューアルバム『ALIVE』が初登場にも関わらずR&Bチャートで最高­4位を獲得。また、「m-flo」のアルバム『FUTURE IS WOW』に作詞参加、「MACO」のメジャーデビュー・ミニアルバム『23』にも楽曲­提供、そしてLADY GAGAを手がけたニコラ・フォルミケッティ プロデュースのガールズユニット「color-code」のデビューシングル『I LIKE DAT』のカップリング曲を「tofubeats」と共作するなど、邦楽アーティスト­作品への参加も多数。また、2014年に入ってからは2月にリリースされた、2nd Album『Last A Lifetime』がiTunes R&Bアルバム・チャートで3位を獲得。8月には早くも3rd Album『Devoted To You』をリリースと、精力的な活動を展開している。

STAR BASE RECORDS: リンク
STAR BASE RECORDS Twitter : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。