logo

解決策はさまざま、比較検討が肝心【IT活用応援団:中小企業サバイバル物語 #3】

ベストはないからこそ、ベターな選択をする。

株式会社大塚商会は、中小企業のお客様と共に成長することを目標に掲げ、オフィスを強くするためのWebサイト「いまどきのIT活用」でさまざまな提案をしています。その中の一つ、「IT活用応援団 ~中小企業サバイバル物語~」( リンク )では、経営者が陥りやすい危機的状況を題材に、ノベルズ仕立てでお届けします。創業百年目の和菓子製造業を舞台に、IT導入の話はもちろん、社員教育や銀行交渉など経営者の激務を題材に全12話でお届けします。さらに、会計士による連載コラム「明日はこっちだ!」を掲載しています。経営者の考え方にお役に立つ解決策をご紹介する無料PDFもご用意しています。ぜひご一読ください。



[画像: リンク ]

課題ははっきりしています。時間を効率良く使い、業務の効率を上げて、生産性を高めること。呪文のように、経を唱えるように、経営者のみなさんは考えてきたのではないでしょうか。よく経営セミナーでも指摘される柱ですから、当然とも言えます。

1. ベストな選択がない理由は何か
2. 課題を社員とどのように共有するか

IT機器を導入すれば課題が解決するという時代が来るには、もう少し時間が掛かりそうです。まだどうしても属人的になっていることや、クールでニヒルを気取った社員もいるでしょう。どうすれば課題を共有できるのか。そのヒントとして、お役に立ていただければ幸いです。ぜひ、本号をご一読ください。


▼解決策はさまざま、比較検討が肝心
【中小企業サバイバル物語 #3】(2月3日号)
リンク

~「中小企業サバイバル物語・菓子匠竹埜場合」あらすじ(全12話)~
東京都八王子市に創業百年目を迎えようとしている和菓子製造業、竹埜(たけの)。三代目となる竹埜淳一は属人化していた餡作りを改め、ITを導入することで時間の効率化を図る。しかし、原材料費の高騰で資金繰りに乱れが生じる。突然の銀行交渉。用意しなければならない資料や交渉条件を整えなければならない。銀行に値踏みをされる竹埜。手を差し伸べる地元の信金担当者。この血に根を下ろし、共に成長することを堅く約束するが、取引先から無理難題を押しつけられ、販売戦略の立て直しを迫られる淳一。解決策はどこにあるのか。

▼会計士による連載コラム「明日はこっちだ!」
第3回 「キャッシュフローって何?」
リンク

【いまどきのIT活用】
「いまどきのIT活用」では、求められている話題と共に、オフィスが抱えるさまざまな課題を解決するための考え方をご紹介しています。しかし、単なる解決策の紹介ではなく、共に成長することを前提にさまざまな形で情報を提供したいと考えています。これまで通り、
すぐに役立つ資料も用意。「使えるコンテンツ」を目指し、更新していますので、ぜひご利用ください。
リンク

▼IT活用応援団 中小企業サバイバル物語 ~リアルセミナーを3月25日に実施~
IT活用応援団 中小企業サバイバル物語に連携したセミナーを3月から連続4回にわたって開催します!公認会計士・税理士、業務改革コンサルティングを、皆さんの代表として、作家・ITコンサルタントの熊谷直樹氏がさまざまな角度から経営課題を解決するべく話を展開します。経営に携わる全ての方々に必見の内容です。ぜひご参加下さい。
●セミナーの詳細およびお申し込みは、下記のWebサイトをご覧ください。
リンク

▼「いまどきのIT活用・導入事例」 Webサイト
リンク

■お問い合わせ
株式会社大塚商会
インサイドセールス推進課
〒102-8573 東京都千代田区飯田橋2-18-4
e-mail:it-navi@otsuka-shokai.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。