logo

ウイングアーク1st、新クラウドサービス「SVF Cloud」を発表 ~クラウドサービスと連携し、帳票運用における変革を提案~


 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸)は、プライベートクラウドおよびパブリッククラウドを利用している企業に向けて、紙・PDF・Excelなどの出力形式に対応し様々なクラウドサービスと連携できる、帳票クラウド「SVF Cloud」を、3月1日(日)よりサービス開始します。

 ウイングアーク1stは、創業以来、お客様の声に耳を傾けテクノロジーで市場を創造してまいりました。「SVF」は、日本固有の複雑な帳票・ドキュメントの設計開発からアウトプットまでを全社的に一元管理する製品として、1995年の発売から20年間で18,000社の導入企業を獲得するまでとなりました。

 「SVF Cloud」は、帳票基盤ソリューションとして製品販売している「SVF」の機能を、クラウド上で利用可能な帳票クラウドサービスです。日本固有の緻密な帳票はそのままに、多様なビジネススタイルに対応し、印刷を制御しながら、様々なクラウドサービスと連携させることで、クラウドサービスにおける利便性の高い円滑な帳票運用を実現します。

 3月1日のサービス開始に際しては、セールスフォース・ドットコム社のCRMやSFA、「Force.com」上のアプリケーションと連携可能な「SVF Cloud for Salesforce」に加え、サイボウズ社の「kintone」に対応した「SVF Cloud for kintone」のサービスを提供します。また、Web API※1を介してクラウドアプリケーションとの連携が利用可能となる「SVF Cloud Web API」を公開します。これにより、アマゾン ウェブ サービス社の「AWSクラウド」、マイクロソフト社の「Microsoft Azure」、IBM「IBM SoftLayer」をはじめ、様々なクラウドプラットフォームの連携が可能となります。

 今後、企業内にあるアプリケーションからクラウド上での連携印刷や、印刷データの保管管理や各プリントに最適化したサービス提供など、他社クラウドサービスとの連携を強め、帳票生成後の利便性を目的とした機能およびサービス強化を図ってまいります。

※1 HTTPやWebの技術を用いて構築されたプログラム。外部のサイトの提供する機能や情報を組み込むほか、アプリケーションソフトからWeb上で公開されている機能や情報を利用することが可能となる。


【SVF Cloudの主な機能】
・テンプレートを利用し企業の帳票・ドキュメント文化に沿ったオリジナル帳票の作成が可能
・PDFファイルの帳票フォームの再利用が可能
・帳票生成後のファイルを様々なクラウドサービスで連携


■サービス概要
サービス開始日:2015年3月1日(日)
価格(税別): 20万円/初期導入費
        36万円~/年間 
        ※出力数により価格が異なります。

 「SVF Cloud」の無償トライアルのお申し込みは下記URLをご参照ください。
 リンク


本発表にあたりクラウドサービスを提供されている企業様よりコメントをいただいております。(50音順)

エバーノート株式会社は、帳票クラウド「SVF Cloud」の販売開始を心より歓迎いたします。帳票作成・運用基盤のデファクトスタンダード「SVF」がクラウド版「SVF Cloud」としてさらに進化して、法人向けサービス Evernote Business と連携した事で、クラウドにおける効率的な帳票運用が可能となりました。Evernote Business との連携により、企業内に蓄積される知識を共有しやすくし、組織内のコラボレーションを活性化することで生産性の向上を実現しています。本製品販売開始に伴い、エバーノートはウイングアーク1st株式会社様との連携をより深め、お客様に最適なクラウドサービスを提供してまいります。

エバーノート株式会社
ジェネラルマネジャー 井上健 様


サイボウズ株式会社は、ウイングアーク1st株式会社の「SVF Cloud」の発売を心から歓迎します。 サイボウズでは、業務改善プラットフォーム「kintone」を 2,000 社以上にご契約いただいております。また、パートナー企業様による kintone をプラットフォームとして活用したビジネス展開が拡大、お客様の業務における利用が拡がっております。 SVF Cloud と kintone との連携により、クラウドサービスにおける帳票運用に多くの価値と可能性をご提供できるものと考えております。

サイボウズ株式会社 
代表取締役社長 青野 慶久 様


Salesforceは、ウイングアーク1st社のSVF Cloud for Salesforceのリリースを歓迎致します。このサービスの提供により、弊社のお客様が今まで以上に簡単に帳票デザインから出力を実装することが可能となり、さらに、弊社のモバイル環境であるSalesforce1によって、商談管理と帳票の関係を至るところで確認することもできます。クラウドの利便性がますます向上するものと確信しています。

株式会社セールスフォース・ドットコム
専務執行役員 アライアンス本部長 保科 実 様


株式会社Box Japanは、帳票クラウド「SVF Cloud」の販売開始を歓迎します。世界27万社が利用するクラウドサービスBoxと「SVF Cloud」を連携することでユーザー様は業務をより効率的に進めることができます。この両サービスのインテグレーションは日本の商習慣を踏襲しながら世界最先端のクラウドサービスのメリットも受けられる画期的なサービスです。Box Japanは今後もウイングアーク1st様と密な協業のもとお客様に最適なソリューションを提供してまいります。

株式会社ボックスジャパン


株式会社マルケトは、帳票クラウド「SVF Cloud」の発売を歓迎いたします。 マルケトのユーザーは、マルケトが提供するリードスコアリング、ナーチャリング、キャンペーンのROI分析といったデジタルマーケティングの機能を印刷コンテンツにも活用できることを望んでいました。「SVF Cloud」とマルケトが連携することで、マーケターが求める緻密な印刷物のデザイン、One To Oneマーケティング、オンディマンドプリントを組み合わせたマーケティング施策を簡単に実現することができます。株式会社マルケトはウイングアーク1stと連携し業界No1のマーケティングオートメーションを提供してまいります。

株式会社マルケト
代表取締役社長 福田 康隆 様



<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社  
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

※ウイングアーク1stの「わっとちゃん」が日々の出来事を発信しております。
  Facebook:リンク
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。