logo

Wing CloudがBrocadeのクラウドネットワーキング基盤上に最新のデータセンタを構築

Brocade 2015年01月29日 17時15分
From JCN Newswire

中国貴州省のサービスプロバイダがイーサネットファブリック、SDN (Software-Defined Networking)およびネットワーク機能仮想化技術を採用

GUIYANG, CHINA, Jan 29, 2015 - ( JCN Newswire ) - クラウドコンピューティングサービスプロバイダのGuizhou's Wing Cloud High Technology Ltd (Wing Cloud)は、Brocade (NASDAQ: BRCD)のサポートにより、貴州省のイノベーションハブを目指します。同社は、新規クラウドデータセンタの重要なネットワーク基盤として、Brocade(R) VCS(R) Fabric技術をベースにした大規模イーサネットファブリックの展開に成功しました。

豊富な水力発電エネルギーや発達した交通網などのインフラを活用して、貴州省政府は、2020年までに省都の貴陽を中国でトップクラスのクラウドコンピューティングおよびビッグデータのハブに開発することを目標に掲げています。この政策に合わせて、最大12,000台のサーバーとマルチテナントのクラウドコンピューティング運用をサポート可能な8,800平方メートル規模のデータセンタを構築するために、昨年Wing Cloudが設立され、3億円(4800万米ドル)の初期投資が行われました。

「地元や国内外のお客様を獲得するには、効率的で環境にやさしい先進データセンタ技術を提供することが不可欠です。」と、Guizhou Wing Cloud High Technology Ltd. CEOのNing Xuは述べました。「Brocadeのイーサネットファブリックアーキテクチャにより、データセンタネットワークを、最終的には10,000台以上のサーバーをサポートできる規模まで、容易に高いコスト効果で拡張できるようになりました。また、パブリックおよびプライベートクラウドサービスの拡張に従って展開が必要となるSDNとNFV技術もサポートされます。」

単一のLayer 2ドメイン内でポートを数千個まで拡張できるイーサネットファブリックを構築するために、Wing Cloudはスパインスイッチとして一組のBrocade VDX(R) 8770 Switchesを展開し、仮想マシンのホストであるサーバーにワイヤスピードの1ギガビットイーサネット (GbE)と10 GbE top-of-rack接続を提供する100個のBrocade VDX 6710およびVDX 6740リーフスイッチを展開しました。Brocade VCSファブリックは柔軟で自己形成および自己修復を行い、効率的にマルチパス、自動ロードバランスおよびセキュアなVMモビリティのサポートを行います。これらの機能によりWing Cloudの管理者は、ネットワーク管理よりもサービス提供に集中できます。

データセンタイーサネットファブリックに加えて、Wing Cloudでは、非常に信頼性とセキュリティの高い、顧客との高帯域幅接続をサポートする拡張性の高いBrocade MLXe-16コアルータを展開しました。インフラ全体は、Brocadeスイッチとルータ用の使いやすいネットワーク管理プラットフォームのBrocade Network Advisorにより、ネットワークライフサイクル全体にわたり管理されます。Wing CloudはBrocade Network Advisorを使用して、データセンタファブリックを単一のエンティティとして管理し、障害、インベントリまたはパフォーマンス管理のために個別のスイッチまで詳細に調べることができます。

「我々はさまざまなクラウド顧客のニーズに対応し、ビジネスの成長を促進するため、お客様のネットワーク設計、コンサルティング、インテグレーションなどの観点から、Wing Cloudと緊密に協業しています。」と、Brocade大中華圏社長のEric Yuは述べました。「Wing Cloudのデータセンタは、中国でBrocadeのクラウド技術が、オンデマンドデータセンタの調和と拡張のために、イーサネットファブリックだけでなく、新興のSDNおよびNFV技術にも対応していることを示しています。」

Wing Cloudにより展開されたすべてのBrocadeネットワーキングデバイスは、OpenFlowやVXLAN/NVGREなどの主要なSoftware-Defined Networking (SDN)プロトコルをサポートしています。 Brocade VDX 8770スイッチとMLXe-16ルータはまた、OpenDaylightの品質保証付きエディションのBrocade(R) Vyatta Controllerおよび業界トップクラスのオープンソースSDNコントローラの下でシームレスに作動します。

Wing CloudはすでにBrocade Vyatta Controllerを、高パフォーマンス仮想ルーティング、ステートフルファイアウォール、VPN機能およびLayer 4 -7アプリケーション提供サービスなどのBrocade Network Functions Virtualization (NFV)ソリューションとともにテストしています。クラウドデータ開発プロジェクトの次フェーズでは、これらの実装を目標にしています。

Brocadeについて

Brocade (NASDAQ: BRCD)ネットワーキングソリューションは、世界トップクラスの企業・団体が、アプリケーションと情報がいたるところに存在している世界へと、円滑に変革していく支援を行います。( www.brocade.com リンク )

(c) 2015 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、The Effortless Network、VCS、VDX、VplaneおよびVyattaは、米国およびその他の国で、Brocade Communications Systems, Inc.の登録商標であり、Fabric VisionおよびvADXは、商標です。本書に記載された他のブランド、製品またはサービス名は、他社の商標の場合があります。

お問い合わせ先
BROCADEメディアお問い合わせ先
Wendy Lang
電話: +65 6317 2464
wlang@brocade.com

PR会社お問い合わせ先
Meng Ning
O&S Consulting Ltd.
電話: +86(10) 5131 6020 / 6221 / 6292 609
メール: ningmeng@osmkt.com

概要:Brocade

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。