logo

MapR, Hadoop技術者育成のためにHadoopコミュニティへ5千万ドル分のオンデマンド型トレーニングを無償で提供

Hadoop技術者認定資格を満たすセルフサービスな包括的なカリキュラム

Apache™ Hadoop®ディストリビューションのトップランクに位置付けられているMapR Technologiesは、本日、開発者やデータ分析者、管理者を対象としたHadoopのオンデマンドトレーニング*を無償で提供することを発表いたします。この無償提供は5千万ドル相当のHadoopコミュニティへの貢献となります。今回、発表したHadoopのトレーニングプログラムは、複数のコースから成り立つカリキュラムであり、Hadoopの適用を世界的に拡げることを目的に提供されます。カリキュラムではビデオセッションやハンズオンの演習、ラボや簡単な試験などを提供します。これにより参加者はHadoopの知識とスキルを自身のスケジュールにあわせて習得することができます。

Apache™ Hadoop®ディストリビューションのトップランクに位置付けられているMapR Technologiesは、本日、開発者やデータ分析者、管理者を対象としたHadoopのオンデマンドトレーニング*を無償で提供することを発表いたします。この無償提供は5千万ドル相当のHadoopコミュニティへの貢献となります。今回、発表したHadoopのトレーニングプログラムは、複数のコースから成り立つカリキュラムであり、Hadoopの適用を世界的に拡げることを目的に提供されます。カリキュラムではビデオセッションやハンズオンの演習、ラボや簡単な試験などを提供します。これにより参加者はHadoopの知識とスキルを自身のスケジュールにあわせて習得することができます。

MapRは、この包括的なトレーニングの一部として認定資格検定をInnovative Exams社で行えるようにいたしました。データアナリストやアドミニストレーターは、コースを修了後にHadoop開発者、Hadoopデータアナリスト、Hadoopアドミニストレーターの資格取得が可能となります。また、Hadoopとは別にHBase開発者の資格を認定する制度も用意されます。

調査機関である451 Research社によるとHadoopの需要は2018年迄に27億ドルに達する見込みであり、Hadoopのコンフィギュレーションと開発スキルが一般化することがこの成長を達成するために非常に重要となってくると報告されています。**
451 Research社のデータ・プロットフォーム及びアナリティクスの調査ディレクターであるMatt Aslett氏は以下のように述べています。
「Hadoopを採用する流れは、規模や範囲を問わず拡大傾向にあります。企業においてHadoopのスキルは益々重要なものになるでしょう。このMapRによる新しいオンデマンドトレーニングの取り組みは、データ管理と分析に取り組む企業にとって非常に興味深いものになることは間違いないでしょう。」


MapR Technologiesのグローバルサービス部門副社長のDave Jespersenは以下のように述べました。

「私たちは世界中の誰もが高い品質の包括的なHadoopトレーニングを簡単に受講できるようにしようと考えています。今回の発表は、業界への大きな貢献であると自負するとともにHadoopスキル向上を目指す技術者の懸念を払拭できると確信しています。これらのコースを受講することで技術者としての価値を高めていただければ幸いです。」

準備済み(既に受講可能)トレーニングコース:
• Hadoop Essentials
• Hadoop Operations: Cluster Administration
• Developing Hadoop Applications

3月末までに準備予定のコース(追加コース):
• HBase Schema Design and Data Modeling
• Developing HBase Application
• Hadoop Data Analysis with Apache Drill
• Hadoop Data Analysis with Apache Hive

無料のオンデマンドトレーニングの詳細な情報/お申し込みは以下のURLをご覧ください。
リンク

なお、現状上記コースは全て英語でのeラーニングで提供されます。日本においては日本サード・パーティ株式会社より日本語での「Hadoop Operations: Cluster Administration」のコースが実機演習込みで定期開催されています。
詳細は、以下URLをご参照ください。
リンク

*5,000万米ドルとは、各コースが1,750ドル相当の価値であり、約10,000名が3コースに参加するという前提に基づく推定値
** Total Data Warehousing社で2014年7月、451 Research社で2013年〜2018年。

■マップアール・テクノロジーズについて
MapRは、Hadoopを駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズグレードのプラットフォームを提供 しています。MapRは一つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能を HadoopやNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらしています。MapRはフォーチュン100企業やWeb 2.0企業を中心として、金融サービス、小売業、メディア、医療機関、製造業、通信、政府機関等、500社以上のお客様にご利用いただいております。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HPは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures and Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。
ホームページ: リンク
Facebook   : リンク
Twitter  : リンク

■お客様からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-5288-5370  Email: sales-jp@mapr.com

■報道関係者からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ 広報エージェンシー リードプラス株式会社 担当:大橋
Tel: 03-6278-7566

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事