logo

関西唯一!ダブルフリーフォールすべり台が楽しめる「彩都なないろ公園」がオープンします!

箕面市は、3月7日(土)に関西では初登場のダブルフリーフォールすべり台が楽しめる「彩都なないろ公園」をオープンします。
「彩都なないろ公園」は、小中一貫校「箕面市立彩都の丘学園」に隣接し、約2.6ヘクタールの広さを誇ります。園内には、関西初となる遊具「フリーフォールすべり台」を2基並べて設置するほか、大阪平野を一望できる大パノラマ展望広場や、関西では珍しい無料のドッグランなど7つの魅力があります。子どもたちからご高齢のかたまで幅広い世代のかたに楽しんでいただける公園になっています。

箕面市は、3月7日(土)に関西では初登場のダブルフリーフォールすべり台が楽しめる「彩都なないろ公園」をオープンします。
「彩都なないろ公園」は、小中一貫校「箕面市立彩都の丘学園」に隣接し、約2.6ヘクタールの広さを誇ります。園内には、関西初となる遊具「フリーフォールすべり台」を2基並べて設置するほか、大阪平野を一望できる大パノラマ展望広場や、関西では珍しい無料のドッグランなど7つの魅力があります。子どもたちからご高齢のかたまで幅広い世代のかたに楽しんでいただける公園になっています。
当公園は、平成23年度から、「彩都の丘学園」の子どもたちが現地調査を行い、アイデアを出し合って描いたイメージ図をもとに、公園を設計、整備しました。
20台分の無料駐車場も完備しており、遠方からも遊びに来ていただけます。

1.彩都なないろ公園の施設概要と7つの魅力

箕面市は、3月7日(土)に関西では初登場のダブルフリーフォールすべり台が楽しめる「彩都なないろ公園」をオープンします。
「彩都なないろ公園」は、小中一貫校「箕面市立彩都の丘学園」に隣接し、約2.6ヘクタールの広さを誇ります。園内には、関西初となる遊具「フリーフォールすべり台」を2基並べて設置するほか、大阪平野を一望できる大パノラマ展望広場や、関西では珍しい無料のドッグランなど7つの魅力があります。子どもたちからご高齢のかたまで幅広い世代のかたに楽しんでいただける公園になっています。
また、20台分の無料駐車場も完備しており、遠方からも遊びに来ていただけます。

(1)施設概要
◆場所:箕面市彩都粟生北2丁目
◆面積:約2.6ヘクタール
◆主な施設:展望広場、芝生広場、遊びの丘、多目的広場、生きもの池、ドッグラン、桜並木道、駐車場(無料、20台分)
◆アクセス:大阪モノレール「彩都西駅」下車、西へ徒歩18分。彩都の丘学園からすぐ。

(2)7つの魅力
■ダブルフリーフォール
関西では初登場、スリル満点のすべり台です。最大傾斜80度で、すべり出すと瞬時に落下する感覚が味わえます。高さ3.5mと5.5mのすべり台2基を並べた設置は全国でも初めてです。

■展望広場
180度を超える大パノラマで、大阪平野が一望できる展望台です。晴れた日には、箕面市内はもちろん大阪市南部にある「あべのハルカス」がはっきり見えるほどです。また、箕面市のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」の顔が描かれたベンチもあり、のんびりと眺望を楽しむことができます。

■ドッグラン(犬の専用運動場)
関西では珍しい、市営の無料ドッグランです。エリアを2つに分けることで、他の犬とコミュニケーションをとることが苦手な犬にも楽しめる設計になっています。家族の一員である愛犬と一緒に公園を訪れることができます。

■色とりどりの遊具
子どもたちのアイデアがつまった、カラフルな複合遊具があります。
■桜の並木道
多目的広場の周囲に、桜の並木道を作りました。
■生きもの池
生きものと間近でふれあえるビオトープです。昆虫や植物観察ができます。
■敷地面積 
敷地面積は約2.6ヘクタールで、甲子園のグラウンドの2面分の広さです。

2.「彩都の丘学園」子どもたちの取り組み
「彩都なないろ公園」は、平成23年度から、「彩都の丘学園」の子どもたち(生徒・児童29名)が地域学習の授業で、現地調査を行い、アイデアを出し合って、公園のコンセプトや遊具の種類、配置を考えました。そして、子どもたちが描いたイメージ図をもとに、公園を設計、整備しました。
また、公園名も「彩都の丘学園」校内で公募し、「いろいろな年代のかたにいろいろ楽しんでもらいたい」という思いを込めて、「彩都なないろ公園」と名付けました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事