logo

常州国家ハイテク産業開発区への外国投資が大幅に増加

The Public Promotion Department of Changzhou Xinbei District Commission 2015年01月27日 14時52分
From 共同通信PRワイヤー

常州国家ハイテク産業開発区への外国投資が大幅に増加

AsiaNet 59299 (0122)

【常州市(中国)2015年1月26日PRN=共同通信JBN】過去数年間、中国の常州国家ハイテク産業開発区(CND)における投資環境の改善によって、外国企業のCNDでの操業に関する信頼は大幅に上昇した。CNDにおける41のプロジェクトは2014年に投資額が増加し、登録済み外国投資累積額は前年比85%アップの2億6300万米ドルに達した。

CND管理委員会は2014年、産業チェーンのギャップを埋め、よりハイエンドな事業を誘致するためインテリジェント機器製造、新素材、バイオ医薬、航空機、自動車、eビジネス・ロジスティクスなどのセクターの投資をターゲットにした。CNDに登録されたそれぞれの主要プロジェクトは、CNDの経済的変革への重要な経済的エンジンになる。

2005年に産業開発区に足を踏み入れた米国のChart Industries, Inc.は、同区への登録時には比較的少額の2700万米ドルを投資した。同社は9年間環境を検討した後、液化天然ガス用の大規模貯蔵タンクを建設するため産業開発区に設立したChart Cryogenic Engineering Systems (Changzhou) Co., Ltd.に3億5000万ドルを追加投入した。このプロジェクトの第1段階の総投資額は2億1000万米ドルで登記資本金6900万米ドル。追加投資による収入は5年以内に60兆元(約10億米ドル)に達するもよう。

Novelis Inc.は年間12万トンのプレミアアルミのロール製品製造能力を持つ初の中国での全額出資プロジェクトを同産業開発区で2014年10月に事業開始した。同プラントは急速に拡大する中国自動車産業向けアルミ製品を提供するだけでなく、アジア太平洋、欧州、米国に輸出される予定だ。出荷先にはアウディ、BMW、フェラーリ、ジャガーなどのトップ自動車メーカーが含まれており、収入は4億5000万米ドルに達すると予測されている。Novelis Inc.の副社長でNovelis Asia社長のシャシ・マウドゥガル氏は、Novelis Inc.が産業開発区に使用済みアルミのリサイクル工場を建設し、市場チェーンを拡大するため常州市への投資を増やすことによって、中国だけでなく世界的に市場の進展に対応する可能性があると語った。国務院は2014年10月、江蘇省南部国家自主的イノベーションモデル区を承認しており、同地区にはもう一つの強力な優遇政策と発展のチャンスが提供される。

ソース:The Public Promotion Department of Changzhou Xinbei District Commission

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事