logo

大人気税理士の原尚美先生のコラム第011回「あなたは変化する人?しない人?」が公開

今回は管理会計を活かすリーダー論を書いていただきました。

鈴与シンワートは大人気税理士の原尚美先生のコラム第011回「あなたは変化する人?しない人?」を公開しています。

###
 英語で会社のことをカンパニーといいます。カンパニーとは「仲間」。つまり、会社とは、投資家からあつめた資金を、増やすために集まった仲間のことをいうのです。資金を増やす方法としては、次の3つが一般的です。

1番目は、さらに資金を集める。集める方法としては、資本金として投資してもらうか、融資をうけるかです。

2番目は、現在会社がもっている資産を、売却して儲ける方法です。不動産投資や株式投資がこれにあたります。

3番目の方法は、社会に何らかの価値を提供して、その見返りに報酬をもらうやり方です。

獲得した報酬のことを、会計用語では「売上」といい、売上を獲得するために支払った支出のことを「費用」といいます。売上から費用をマイナスした差額を、「利益」といいます。利益が多ければ多いほど、会社の資金も増えるというわけです。

  売上 - 費用 = 利益

管理会計とは、いかに利益を増やすかにフォーカスした会計です。上記の算式をみれば、利益を増やすためには、売上を増やすか、
費用を減らせばよいことがわかります。

けれど、どんなに管理会計を勉強しても、それだけで売上が増える訳ではありません。売上をあげるには、マーケティングなど別の知識が必要です。いや、どれだけ市場調査をしても、商品開発に努力しても、売上は自社の思いどおりにはいきません。売上の決定権を握っているのは、代表取締役でもなく、営業部長でもなく、ユーザーや消費者など、みなさんの会社のお客様だからです。

しかし、費用はちがいます。費用は売上とちがって、会社が自分で管理することが可能です。主力商品の生産量を増減したり、もっと広い事務所に引っ越したり、従業員を増やしたり、もっと安い会社から仕入れたり、自由自在にコントロールすることができるのです。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事