logo

「淡麗プラチナダブル」の累計販売本数が1億本を突破!

キリンビール株式会社 2015年01月22日 15時19分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)が昨年9月に発売した「プリン体0.00※1×糖質0※2」と本格的なうまさを両立した発泡酒「淡麗プラチナダブル」の販売数量が、発売から約4カ月半で、1億本(350ml缶換算)※3を突破しました。

※1 100ml当たりプリン体0.005mg未満を「プリン体0.00」と表示している
※2 栄養表示基準による
※3 大びん換算すると約280万ケース

「淡麗プラチナダブル」は世界初の当社独自の特許技術「プリン体カット製法」※4を使用し、「プリン体0.00×糖質0」でありながら、淡麗Ⓡブランドならではの爽快なキレと飲みごたえを味わえる機能系発泡酒です。

近年の健康志向の高まりにより、ビール類における機能系商品市場の拡大傾向が続いています。昨年は、各社がプリン体カット関連商品を相次いで発売したこともあり、年間の発泡酒市場の販売数量は12年ぶりに前年を上回りました※5。
当社は、今後もさまざまな施策を展開して、新たな話題を提供し、幅広いお客様のニーズに応えることで、機能系商品市場のさらなる活性化を図ります。

※4 特許番号:第3730935号。発泡酒中に含まれるプリン体を効果的に除去する
※5 「発泡酒の税制を考える会」が発表した2014年1-12月の発泡酒課税出荷数量による



1.商品名:「淡麗プラチナダブル」
2.発売地域:全国 
3.発売日:2014年9月2日(火)
4.容量/容器:350ml缶、500ml缶
5.価格:オープン価格
6.アルコール分:5.5%
7.販売予定数:約510万ケース(65,000KL)※大びん換算、2015年
8.製造工場:キリンビール取手工場、岡山工場

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。