logo

SOTI MobiControl 12により、Enterprise Mobility TCOを節減し、モバイルデバイスの提供期間を最大90%短縮

SOTI, Inc. 2015年01月22日 11時45分
From JCN Newswire

SOTI Enterprise Mobility Managementの最新バージョンでは、コネクテッドエンタプライズ向けにUnified Endpoint Managementを強化

MISSISSAUGA, ONTARIO, Jan 22, 2015 - ( JCN Newswire ) - Enterprise Mobility Management (EMM)とBring Your Own Device (BYOD)ポリシー管理の世界大手プロバイダのSOTI Inc.は、SOTI MobiControl 12の提供開始を本日発表しました。SOTIのEnterprise Mobility Managementプラットフォームの最新バージョンでは、コネクテッドエンタプライズの全社的な効率向上のため、モビリティを使用する業務の総所有コストを節減し、スマートデバイス機器周辺までリモート管理機能を拡張します。

SOTI MobiControl 12にはモビリティコスト全体の節減だけでなく、次のような多くの主要機能が加えられています。

-- 共通モバイルデバイスの展開と管理作業を不要または最小限にしますので、迅速で介入なしのプロビジョニング、ポリシー管理、およびさまざまな基準またはLDAP属性に基づいたOTA (over-the-air)の構成割り当て機能が可能になります。これにより企業の端末管理コストは、デバイスあたり最大$100節減されます。

-- 次世代Zebra Technologies周辺機器の迅速なデバイスプロビジョニングとリモートサポート。SOTIは、業界で最も緊密なZebraとの提携を実現し、デバイスプロファイルの管理機能によりダウンタイムを最小限にし、リモートから新デバイスをスピンアップします。

-- Apple、京セラ、Lenovo、ソニー、LG、サムスン、Zebra Motorola APIの他、Windows Phone 8.1のサポートを拡張。

-- デバイスプロパティ、カスタム属性、データなどの各種基準をベースに、メール、WiFi、VPNなど、OTA(Over-The-Air)で詳細な端末構成をすることができるようになりました。これによりユーザーはシンプルなURLからIT介入なしに短時間でデバイスを登録できるようになりますので、ITの負荷が軽減されます。

-- 先進したプロファイルによるポリシー設定により、クロスプラットフォームでの端末管理を最適化し、ユーザーエクスペリエンスを一新。

長年のSOTI顧客でMobiControl 12ベータ参加企業の大手北米航空会社は、乗務員用iPad、ハンディバーコードスキャナ、Zebraプリンタなど、AndroidおよびAppleモバイルデバイス40,000台以上を現在使用しています。最新のMobiControl 12により乗務員等の使用している端末の細かな端末管理機能、業界一の精密さのリモートサポートなどを使用し、オペレーションを最適化し従業員の生産性を向上し、卓越したカスタマーエクスペリエンスをご提供しております。

MobiControl 12により、業務や乗客にとって重要な、ユーザーの管理とサポートや、デバイスアップタイムの最大化に必要な利便性と汎用性を提供します。VDCのリサーチによるとMobiControl 12の特徴はビジネスの効率性を上げるだけではなく、新しいデバイスプロビジョニングプロセスが1端末あたり$100のコストを抑えることができるということです。MobiControl 12では「ご購入後すぐに使える」端末セットアップを可能にするキッティング機能、MobiControl Stageとの統合により、端末セットアップ費用などのコストを約90%抑えることができます。このキッティングツールではカメラ、バーコードスキャナ、サードパーティーアプリなどで、バーコードをスキャンしていただき、端末の登録・構成を迅速に行います。このキッティング機能により従業員用端末も迅速に端末登録・構成を行い、即座に使用することができます。

SOTIのCEOCarl Rodriguesによると「この度のMobiControl 12によって総所有コストの節減およびキッティング費用もほぼ削減することを実現しました。この総所有コストとキッティング費用の削減は弊社MobiControl 12の強みとなります。」また、「MobiControl 12を活用する企業は、全社規模で総合的なワークフローを管理しながら、エンドユーザーにメリットを提供することができますので、コストを節約するだけでなく、従業員の生産性とセキュリティも向上します。その結果、企業は、カスタマーエクスペリエンス向上のために、堅実なモバイル戦略を実施することができます。」

モビリティ戦略の強化や、要員のモバイル最適化をご検討中の企業の皆様は、今すぐSOTI MobiControl 12をお試しいただけます。 リンク

SOTI MobiControl 12について詳しくは、 www.soti.net リンク をご覧ください。

SOTI Inc.について

SOTIは、世界でも特に信頼されているEnterprise Mobility Management (EMM)ソリューションプロバイダで、世界で14,000社以上の企業顧客様がおり、数百万台ものデバイスを管理しています。SOTIの革新的ソリューションおよびサービスのポートフォリオでは、企業が業務をモバイル化し、モビリティ投資を最適化するのに必要なツールを提供しています。SOTIの主力製品のMobiControlにより企業は、企業の信頼性とBYOD (Bring Your Own Device)施策をサポートするために、すべてのプラットフォームにわたってモバイル要員を実現、最適化、保護できます。SOTIは、基本的なMDMを超えてモビリティ管理の保護を拡張し、全社に展開されたすべてのモバイルデバイスで包括的な管理とセキュリティを行うために、全体的で柔軟性の高いソリューションを提供します。

(1) 出典: VDC Report: Total Cost of Ownership Models For Mobile Computing and Communication Platforms

メディアお問い合わせ先
Roula Vrsic
SOTI Inc.
+1-905-624-9828 x246

Eric Berto
Voxus PR
+1-253-444-6417

概要:SOTI, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事