logo

MegaportがGoogle Cloud Platform公認テクノロジー・パートナーに

Megaport 2015年01月19日 15時33分
From 共同通信PRワイヤー

MegaportがGoogle Cloud Platform公認テクノロジー・パートナーに

AsiaNet 59228 (0084)

【ブリスベーン(オーストラリア)2015年1月19日PRN=共同通信JBN】ソフトウエアベース通信の大手プロバイダーであるMegaportは19日、同社がGoogle Cloud Platformへの相互接続サービスを提供するGoogle Cloud Platform Authorized Technology Partner(公認テクノロジー・パートナー)になったと発表した。Megaportのユーザーおよび会員はGCIに対応できるようになり、そのデータがどこにあろうが顧客がどこにいようが、Googleのネットワークエッジへのエンタープライズグレードの接続を通じてGoogle Cloud Platformに接続できるようになる。ユーザーはまた、バーチャル・プライベート・ネットワーク、あるいは「VPNトンネル」によってユーザーのプライベート・データセンターをGoogle Cloud Platformに接続できる。

Google Cloud Platformは、エンタープライズが高度にスケーラブルで信頼できるGoolgeのインフラストラクチャーにおけるアプリケーションの構築、テスト、展開を可能にする。Google Cloud Platformは、ウェブ、モバイル、バックエンド・ソリューション向けのコンピューティング、ストレージ、アプリケーションのサービスを提供する。Google Cloud Interconnectは、企業がGoogleのネットワークエッジへのエンタープライズグレードの接続を通じて、企業のインフラストラクチャーをGoogleに接続可能にする。

MegaportはGoogle Compute Engine、Google Cloud Storage、Google BigQuery、Google App Engineをはじめ、さまざまなGoogle Cloud Platformサービスなどのネットワークサービスの完全自動化されたクオート、アクティベーション、マネジメント・プラットフォームを通じて、ユーザーがGoolge Cloud Platformに接続できる差別化されたサービスを実現する。MegaporotのユーザーはMegaportから数分でこれらすべてを実行することができる。また、開発者は一連の高度なAPIを利用し、Google Cloud PlatformアセットとMegaport Platformを統合するアプリケーションを制作することが可能となる。

Megaportは、ユーザーと独立系データセンターにあるMegaportのファブリック、ピアリング、その他のリソースとの即時接続を提供する。ユーザーはインターネットを使用しないでMegaportファブリックに直結するプライベート接続を構築することによって、より優れたネットワークセキュリティーと一貫性があるスループットを達成することができる。さらに、Megaportのユーザーは、クラウド・アセットを使うのと同じ方法でビリング、使用量、スケーリング、起動サービスを利用できる。どのような間隔を置いて使用しても、使用した分だけ支払うことになる。

Megaportのブルック・モラン最高マーケティング責任者(CMO)は「急成長し渇望されているクラウドプロバイダーの1つであるGoogle Cloud Platformを当社のユーザーコミュニティーに提供できることを大変うれしく思う。ネットワーク・アセットをエンタープライズがまるで自ら所有しているかのように構築、利用、コントロールできる能力をエンタープライズに提供することは、当社にとって本当に重要なことである」と語った。

同CMOはまた「シンプルで、選択肢があることは素晴らしい。Google Cloud Platformはこの両方を提供し、当社のユーザーコミュニティーは数分でこの両方を利用することができる。クラウド、ネットワーク、エンタープライズを統合したソリューションを使用することは、これらの新しいテクノロジーが提供する潜在的可能性を完全に実現する最善の方法である」と語った。

HostworksはMegaportユーザーコミュニティーのメンバーである。オーストラリア最大のデジタルメディア・ブランドのいくつかを支える「digital roadies(デジタル専門家集団」のHostworksは、Google Cloud Interconnectソリューションの一部であるMegaportと連携できることを大いに期待している。Hostworksは大人数のGoogle Qualified Developerチームを擁し、Google Cloud PlatformのアジリティーとMegaportの統合ネットワーク・アプローチとを一体化することは、同社の顧客が製品化に要するスピードをさらに加速すると考えている。

Hostworksのウィル・ベリーマン最高経営責任者(CEO)は「オーストラリアでのGoogle Cloud Platformの取引先として、われわれはGoogle Cloud Platformから極めて大きな価値を当社の顧客に提供できると考える。われわれは多くの顧客にとって、プラットフォームの能力と柔軟性が強みになると考えており、もっと多くの顧客がGoogleのサービスを活用することを強く望んでいる。アジャイル・ネットワーク能力があれば、顧客がクラウドに転換することをもっと効率的に支援できる」と語った。

▽Megaportについて
Megaportは2013年に創設され、ネットワークとクラウドサービスが相互接続する新しいパラダイムを生み出した。それがMegaport Platformである。Megaportは現在、多数の国および大陸にある100以上のネットワークおよびクラウドサービス・プロバイダーに対し、オンディマンドで柔軟性のあるコネクティビティーを提供している。2015年にはアジア、欧州、米国での拡大を目指し、Megaport Platformは世界の数十の主要市場でサービスを提供していく。

ソース:Megaport

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。