logo

「2015年度 京都会議」一般公開フォーラムを開催〔1月24日(土) 13:00~17:00、国立京都国際会館〕

公益社団法人日本青年会議所 2015年01月16日 22時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年1月16日

公益社団法人 日本青年会議所

~「日本復興」をテーマに、未来のあり方を全国に発信~
「2015年度 京都会議」一般公開フォーラム(無料)を開催
2015年1月24日(土)13:00~17:00、国立京都国際会館

 公益社団法人日本青年会議所(会頭:柴田剛介、以下:日本JC)は、2015年1月22日(木)から1月25日(日)までの4日間、国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)で「2015年度 京都会議」を開催します。
 そのプログラムのひとつとして、各界の第一人者を招いて提言や講義を展開する「一般公開フォーラム」(無料)を1月24日(土)に開催します。これは、日本JC会員以外の方々にも、日本が抱えるさまざまな課題に対する意識向上のきっかけとしていただくことをねらいとしています。今回は、「日本復興」をテーマに、3つのフォーラムを開催します。

■「2015年度 京都会議」一般公開フォーラムの開催概要
【主   催】 公益社団法人日本青年会議所
【日   時】 2015年1月24日(土) 13時00分~17時00分
【場   所】 国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)
【参 加 料】 無料
【プログラム】
 (1)日本再興フォーラム
  時間/13:00~14:00(12:45~受付開始)
  会場/メインホール
  講師/田中 恆清 氏(神社本庁総長/石清水八幡宮第58代宮司)
 (2)地域再興フォーラム
  時間/14:00~15:00
  会場/メインホール
  講師/石破  茂 氏(国務大臣/地方創生・国家戦略特別区担当大臣)
 (3)日本の未来選択フォーラム
  時間/15:30~17:00(15:15~受付開始)
  会場/アネックスホール
  講師/植松 一成 氏(公開討論会支援NGOリンカーン・フォーラム事務局
            次長・理事・公認コーディネーター)
【参加方法】 各フォーラム会場の受付に直接ご来場ください。
【お問合先】 日本青年会議所事務局 TEL:03-3234-5601  FAX:03-3265-2409

※京都会議とは
 京都会議は、JC全体が年間の活動のスタートを切る場として1967年に初めて開催され、今回で49回目を迎えます。例年、全国から約1万人以上のJC会員が参加し、各地域での今後の活動方針を議論します。
 京都会議を実施することで、所属する各会員が各地域での地域活性や問題提起の中心となっていく意識を高め、2015年の基本理念として掲げる 『文化と文明が生み出す「底知れぬ力」による日本再興』 を、今後の活動を通して実践していきます。


<「2015年度 京都会議」一般公開フォーラムの内容>

(1) 日本再興フォーラム(日本再興会議)
 悠久の歴史を誇る世界最古の自然国家である日本は、古来より受け継がれる文化と人々の希望となる文明が生み出す底知れぬ力によって世界を牽引する国家へと成長を遂げてきました。その根幹ともいえる日本の精神性によって、人々は家族同然につながってきたのです。
 本フォーラムでは、伊勢神宮を中心とする全国8万の神宮・神社を包括する神社本庁総長並びに石清水八幡宮 第58代 宮司 田中 恆清(たなか つねきよ)氏をお迎えし、神道の考え方に基づく共同体としての意識を呼び覚まして日本再興の気運を高め、日本のあるべき理想の国家像を描きます。

(2) 地域再興フォーラム(地域再興会議)
 人口減少等の変化に直面する日本では、2040年までに1741のうち896の基礎自治体に消滅の可能性がある中で、地域は独自の政策を展開し自立自活する時代への転換期にあります。
 本フォーラムでは、地方創生担当大臣である石破茂氏をお招きし、国が考える地方創生の方向性や政策をお話しいただくと同時に地域を担う青年会議所メンバーへの期待を伝えていただきます。自立自活する地域への再興に向けて中期的な戦略の必要性を理解し、具体的な行動に移すための機会とさせていただきます。

(3) 日本の未来選択フォーラム(日本の未来選択委員会)
 「なぜ選挙に行かなければならないのか?」「民主主義とは一体何なのか?」この問いに答えることができますか?
今、20代、30代の若年層の投票率は低下傾向にあり、その結果、政治の場面においてこれらの世代にツケが回されてしまっている現実があります。
 本フォーラムでは、公開討論会の第一人者である植松氏を教師役とした模擬授業形式で民主主義と選挙の意義、そして私たちがすべき運動を分かり易く学べる機会を提供します。4月に予定される統一地方選挙に向けて、是非ご参加下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事