logo

【VTVジャパン テレビ会議導入事例】 株式会社昭特製作所様 日本本社とイギリス拠点をつないで業務効率アップとコストダウンを実現

VTVジャパン株式会社(代表取締役社長:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、株式会社昭特製作所様(代表取締役社長:花田 薫 所在地:神奈川県川崎市)へ、アバイア社のテレビ会議システムを販売、本日、導入事例をホームページにて公開しました。

放送機器やメカトロニクス機器など「SHOTOKU」ブランドをワールドワイドで展開している株式会社昭特製作所様は、イギリス、中国、アメリカなどにも拠点を設けています。中でも生産・販売拠点を担っているイギリス拠点とはWeb会議を使って会議・打ち合わせを行っていましたが、画質や音声の品質が悪く、コミュニケーションに集中することができませんでした。
 そこで、よりスムーズに遠隔地とのコミュニケーションを図るため、テレビ会議システムの導入を検討、品質や機能、導入コストなどを比較した結果アバイアテレビ会議システムを導入しました。 
 日本・イギリス両拠点への同時導入が今回の課題でしたが、海外拠点へのシステム構築やサポートを日本で一括して実施できる「VTVジャパン 海外テレビ会議導入支援プログラム」により、昭特製作所様のニーズを満たした導入を実現しました。
 これまでは定例会議のための出張で時間や経費がかかっていましたが、大幅な経費削減とコミュニケーションの活性化を実現しました。また、会議に出席できるのは、出張した一部のエンジニアだけにとどまっていましたが、テレビ会議システムを導入したことで、多くのエンジニアが会議に参加できるようになりました。
 現在では、経営会議や担当者同士のミーティングなど、テレビ会議の活用の幅は広がっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。