logo

ブリスコラ、住友精密工業社と販売代理店契約を締結

2016年度の家庭向け電力小売り自由化を見据え、センサークラウド事業を強化

クラウドコンピューティング専門の事業企画・開発会社、株式会社ブリスコラは、住友精密工業株式会社と販売代理店契約を締結いたしました。今回の契約締結は、2016年度の家庭向け電力小売り全面自由化を見据え、センサークラウド事業の強化を目的とするもので、住友精密の無線センサーネットワーク技術をベースとした製品の販売を2014年12月24日から開始しました。

クラウドコンピューティング専門の事業企画・開発会社、株式会社ブリスコラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:下川部知洋、以下、ブリスコラ)は、住友精密工業株式会社(本社:兵庫県尼崎市社長、三木伸一、証券コード:6355、以下、住友精密)と販売代理店契約を締結いたしました。今回の契約締結は、2016年度の家庭向け電力小売り全面自由化を見据え、センサークラウド事業の強化を目的とするもので、住友精密の無線センサーネットワーク技術をベースとした製品の販売を2014年12月24日から開始しました。

現在、電力の安定供給の確保、電気料金の最大限の抑制、そして、家庭をはじめとする需要家の選択肢や企業の事業機会の拡大等を目的とした電力システム改革が進められており、2014年6月11日には第2段階制法案が成立しました。資源エネルギー庁の発表資料によると、電力小売り市場の全面自由化によって、約7.5 兆円の市場が新しく開放されると試算しており、再生可能エネルギーや分散型エネルギーへの新たな投資、地産地消による新しいエネルギービジネス(スマートコミュニティ等)、スマートメーター等の関連投資の増加が予測されます。(※1)

省エネ・低炭素社会実現の社会的要求が高まる中、これまで家庭内電力の見える化サービス(HEMS)や太陽光発電見える化サービス等、クラウドを活用したエネルギー管理システム(EMS)を開発、提供してきたブリスコラは、このたびの販売代理店契約により、電力小売り全面自由化開始に合わせた事業展開に向けて、パートナーシップの強化、販売スキームの構築及び多様化を図ります。

住友精密は、2005年より無線センサーネットワーク技術の研究・開発をしてきました。これまで一般産業から農業分野まで、幅広い分野において業界屈指の高信頼性を誇る無線センサーネットワークのソリューションを提供しております。2014年よりIoT/M2M、スマートメーターを始めとするスマートコミュニティ構築に最適な国際無線通信規格、Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)に準拠したHEMSコントローラを提供しています。

ブリスコラは、住友精密の提供する無線センサーネットワーク製品と弊社のエネルギー管理システムを連携させ、展開することにより、省エネ・低炭素社会の実現を目指すとともに、新しい電力・エネルギー社会の実現に努めてまいります。


(※1)出典:資源エネルギー庁 電力システム改革の第2弾改正に向けて

■住友精密工業株式会社について
 商   号:住友精密工業株式会社
 代 表 者:代表取締役社長 三木 伸一
 本店所在地:兵庫県尼崎市扶桑町1番10号
 設立年月日:1961(昭和36)年1月
 資 本 金:103億1,100万円
 URL    :リンク
 事業内容:航空宇宙油機、熱・エネルギー、環境保護、マイクロ・ナノなどの多様な事業部門において、特徴ある独自技術を横串に展開し、グローバル・ニッチ・トップを目指しています。

■株式会社ブリスコラについて
 商   号:株式会社ブリスコラ
 代 表 者:代表取締役社長 下川部 知洋
 本店所在地:東京都港区赤坂二丁目20番5号 デニス赤坂
 設立年月日:2010年6月11日
 資 本 金:5,060万円
 URL    :リンク
 事業内容:国内唯一のクラウド専門の事業企画・開発会社です。「オープンイノベーション」を経営理念に、広く外部との協業・連携を通じ、組織や企業を超えアイディア、技術を組み合わせ、社会性、公共性の高いクラウド事業(コンサルティングからテクノロジまで)を展開しております。


■本件に関するお問い合わせ
 株式会社ブリスコラ 広報部 担当:西川
 東京都港区赤坂二丁目20番5号 デニス赤坂
 Tel:03-6441-2614 Fax:03-6441-2615
 Email:press@briscola.co.jp

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事