logo

Nexenta海外コラム『ソフトウェアにおける伝染のスピード』

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、Nexenta海外コラム『ソフトウェアにおける伝染のスピード』を公開しました。

###
ここんにちは。野田貴子です。NexentaStorの海外公式ブログを日本でご紹介しています。完全に正確な訳ではないかもしれませんが、大よその意味が伝わるように書いていきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、第三回目は以下のコラムをご紹介します。

タイトル:
Epidemics at the Speed of Software

原文:
リンク

意訳文章

『ソフトウェアにおける伝染のスピード』

今日のグローバル経済と年中無休のニュース文化の下では、健康を脅かす話題は今までにない速さで広まります。例えば、朝の10時にアジアの子供がある特異な病気だと診断されたならば、それはアメリカの疫病予防管理センターに伝えられ、2時間後の23時のニュースに間に合うように、アメリカのニュース放送局で報道されます。しかしそれは、ソーシャルメディアにおける拡散スピードに比べると、まだ時間がかかっています。とはいえ、健康問題が大々的に取り上げられているだとか、極度の救急性と懸念をもって扱われるべきではない、などと言いたいわけではありません。

続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。