logo

サウジアラビアが第8回国際競争力フォーラムを1月25-27日に開催

GCF 2015年01月08日 13時38分
From 共同通信PRワイヤー

サウジアラビアが第8回国際競争力フォーラムを1月25-27日に開催

AsiaNet 59138 (0041)

【リヤド(サウジアラビア)2015年1月8日PRN=共同通信JBN】今年のテーマとなる「競争力ある政府」には、22カ国から50人を超える著名な発言者が集まり、国家の競争力が国内、地域、世界の経済・社会発展に与えるプラスの影響について意見を交わす。

国際競争力フォーラム(Global Competitiveness Forum、GCF)は、1月25-27日にサウジアラビアのリヤドにあるフォーシーズンズホテルで開催され、サウジアラビアにおける政府の競争力と世界クラスのインフラストラクチャー開発について討議する。

サウジアラビア総合投資院(SAGIA)が2006年にGCFを創設して以来、フォーラムは地域の学識経験者、企業リーダー、政治家、ジャーナリストの最大規模かつ最も重要な年次会議の1つに成長した。

この行事には、成功を収めた昨年のフォーラムでデビューした「サウジアラビア投資展示会」が含まれる。今年の展示会は投資の機会を展示するとともに、ブルジュ・アル・アラブやサウジアラビア王国の経済諸都市を含むサウジアラビアの主要開発プロジェクトに焦点を当てる。

参加者は2日間のイベント中、パネルやワークショップで数多くの著名なゲストと人脈を築き、交流する機会がある。以下はそのうちのいくつかを抜粋したものである。

▽競争力ある政府とサウジアラビア:世界へのゲートウエー
国際的シンクタンクPolicy Network会長であるピーター・マンデルソン卿は、グルジアのニカ・ギラウリ元首相主導による著名なパネルの司会を務める。同パネルにはムスタファ・コチ運輸・海事・通信省事務局長、ノティス・ミタラッチ・ギリシャ副首相兼国会議員、タフィク・アル・ラビーア貿易・商務相らが含まれる。

▽発見の時代:いかにすればイノベーションとテクノロジーを成功の最善の機会に得ることができるか?
キングアブドラ科学技術センター(KACKST)のモハメド・アル・スワエル総裁の基調講演は、イノベーションが経済成功を現実にするカギを探る。同総裁にはアリ・アル・ファラマウィ・マイクロソフト中東・アフリカ副社長、元サムスンおよびシリコンバレーのベンチャー投資家アミット・ガーグ氏を含む技術専門家パネルが参加する。

▽うまく機能させる:女性に製造業の仕事を与える
BBCのニック・ガウィング氏は女性を特に成長分野の製造業の労働力に取り込むためのパネルを司会する。パネル参加者はサウジアラビアNational Family Safety Program(全国家族安全プログラム)の事務局長のマハ・アルムネーフ博士、Catalyst社のクリスタ・ブルックマン副社長、サウジサウジアラビア労働省のファハド・アル・トカイフィ特別計画担当事務次官ら。

▽今日学び明日を築くために:世界の若者に力を与えこと
イタリアのフェデリーカ・グイディ経済発展相は、世界の若者を引きつけ、明日のリーダーになる必要のある彼らを訓練、開発するため情熱と創造力をどのように結合するかのパネルを主催する。パネル参加者はまた、ナイジェリアのYoungstarts Foundation創設者のキングスリー・バングウェル氏、モロッコのムバルカ・ブーアイダ外務・協力大臣付特命大臣、スウェーデンKunskapsskolan Educationのオッド・エイケン執行副会長ら。

▽Googleのエリック・シュミット取締役会長の基調講演

さらに詳しい情報はリンク を参照。

▽メディア問い合わせ先
Nick Cash
gcfe@alefinternational.com,
+966-114623632

ソース:GCF

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事