logo

SAS Institute Japan 役員人事のお知らせ


SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)は、SAS Institute Inc. 副社長 北アジア地域統括 兼 SAS Institute Japan株式会社 代表取締役社長 吉田 仁志が、本年12月31日をもって退任することを発表します。
後任は決定し次第、別途、発表します。後任を決定するまでの間、2015年1月1日付で、SAS Institute Japan 代表取締役会長の
ミカエル・ハグストロム(Mikael Hagstrom)が日本事業の責任者を暫定的に兼務します。
ハグストロムは、SAS Institute Inc. ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)地域・アジア太平洋地域担当上級副社長も兼任しています。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事