logo

Android向けNetSuiteアプリケーションを発表

アンドロイド端末向けの新しいアプリが、外出している従業員によるデータアクセスと業務管理を可能にする充実したERP機能を提供

クラウドベースの財務会計/ERPスイートとオムニチャネルコマースソフトウェアスイートを提供するNetSuite Inc. (NYSE:N)は、本日、Android 向けのNetSuite の提供を開始することを発表いたします。

クラウドベースの財務会計/ERPスイートとオムニチャネルコマースソフトウェアスイートを提供するNetSuite Inc. (NYSE:N)は、本日、Android 向けのNetSuite の提供を開始することを発表いたします。

これによりAndroid OSを活用するユーザーが、空港や外出先、カフェ、自宅などあらゆる場所からビジネスを行うことが可能なERP機能を提供する世界初のアプリケーションです。NetSuiteを活用するユーザーは、Google Play から無料でダウンロードすることができます。

Android 向けNetSuiteは、NetSuiteでビジネスプロセスを管理する多くのユーザーの期待に応えることが可能になります。財務会計/ERPからCRM、Eコマースに至るすべての機能がAndroid 向けアプリからご利用可能です。初回のリリースでは、タイムエントリや携帯端末で撮影した複数の領収書画像を一括アップロードする機能など、素早く簡単に時間管理ができる機能や経費精算機能などが提供される見込みです。またこのアプリは、インターネット接続がないオフライン環境でも時間の記録や経費精算が可能な機能を提供する予定です。

NetSuite の創設者であり最高技術責任者でもあるエヴァン・ゴールドバーグは、ロンドンで行われたSuiteConnect 2014でAndroid 向けNetSuite のデモンストレーションを行いました。SuiteConnect 2014は、イギリスでNetSuiteが行う最大のユーザー向けイベントです。

NetSuite のクラウドERPは、製造業、卸売・流通業、ソフトウェア業、サービス業、小売・Eコマース業など幅広い業界で採用されています。Android 向けのNetSuite を活用することで、これらの業界で活躍するERPユーザーは外出先からビジネスを行うことができます。例えば、卸売・流通業の営業担当者は歩きながらでも在庫データにアクセスすることができます。これにより、営業担当者は納期を瞬時に顧客に伝えることができるのです。製造業の技術者は、顧客の前回の要望やカスタマーサービスの記録を現場で調べることができ、サービスにかかる時間を削減し顧客満足度を向上させることができます。
サービス業の営業担当者は、顧客との打ち合わせに向かう途中でそれまでの経緯を調べることができ、必要な予備知識を全て用意して臨むことができます。

iPhone 向けのモバイルアプリに加えてAndroid 対応することでNetSuite ではERP 機能を使いたいモバイルユーザーの要望に応えています。Android とiPhone は、モバイル向けの世界2大OSであり、調査会社のIDCによると、2014年第2四半期はこの2つの製品が96.4%ものマーケットシェアを占めていることが公開されています。Android 向けNetSuite の機能はiPhone 向けNetSuite と連携して開発されているため、ユーザーはスマートフォンやOSを自由に選んで柔軟にビジネスを行うことができます。

以下は代表的な機能です。

•ダッシュボードの同期
重要な業績評価指標(KPI)やスコアカード、トレンドグラフ、レポートのスナップショットなどを表示します。

•完全なトランザクション管理のサポート
見込み客、顧客、販売注文、請求書、経費レポートなどを作成・編集・削除・参照することができます。

•ビジネス活動のサポート
販売注文や経費レポートの承認、見積もりの変更、顧客の支払いの承認、販売注文の請求処理などができます。

•完全なアクティビティ管理。
リスト表示・週表示・月表示でカレンダーを管理することができ、同僚など他者のカレンダーも参照することができます。

•レコードのカスタマイズ
カスタムフォーム、フィールド、スクリプトなど既存のカスタム機能を全てサポートします。

•タイムシートと経費を管理
タイムシートと経費を簡単に素早く管理できます。携帯端末で撮影した複数の領収書画像を一括アップロードできる機能などが含まれます。

•保存検索
既存のNetSuiteが提供する保存検索を利用し、瞬時に結果を表示するだけでなくレコードレベルまでの詳細を閲覧可能です。

•スワイプ機能の拡張をサポート
顧客の所在地の記録や通話の開始、イベントへの応答、編集モードへの素早い切り替えなどを行うことができます。

•ローカライゼーション
特定の言語に即座に切り替えるだけでなく複数の通貨もサポートします。

NetSuite 社の製品管理責任者であるマーク・ハフマンは次のように述べています。
「スマートフォンとタブレットは、オフィスの必需品になりました。データ、スピード、機能の面で、いつでもどこでも顧客や市場の要求を満たすことを可能にしました。私たちのAndroid、iPhone向けアプリはスマートフォン市場の95%を占めるOSを介して、出先にいる従業員の手のひらの中にNetSuiteの力を提供しています」

入手方法:
Android向け NetSuiteの初回リリース版は、2014年12月にGoogle Play からダウンロード可能になる予定です。完全版は2015年の早い段階で利用可能になる見込みです。


■NetSuiteについて
NetSuiteは、世界中の20,000を超える企業や組織で、ミッションクリティカルビジネス領域で利用されています。1998年の創業以来、NetSuiteは、企業向けのクラウドERPのリーディングカンパニーとして確固たる地位を築いています。大企業の部門レベルや中堅・中小企業がクライアント/サーバー型のERPをNetSuiteへ移行しています。これらの企業がNetSuiteへ移行することにより、ビジネスプロセスを分断させることなくスムースな業務の遂行が可能になります。最新のガートナー社のレポートによるとNetSuiteは会計システムを提供するベンダー上位10社のなかで最も成長しているベンダーとして位置づけられています。NetSuiteは、最高のクラウド会計/ERPを低コストでお客様に提供することにより、企業の生産性を向上させ成功を支援し続けます。



■本件に関する問い合わせ先
ネットスイート株式会社 広報担当
〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-27SKIビル2階
TEL:03-5545-7621 FAX :03-5545-7622
URL: リンク


※ネットスイート(NetSuite)の名称およびロゴはNetSuite Inc.のサービスマークです。他の商標は各所有者が権利を保有しています。

■将来予想に関する留意事項
本プレスリリースには、NetSuiteのAndroid向けアプリの利用可能性に関する予想等、将来の予想、計画および見通しに関する記述が含まれています。将来予想に関する記述は、本日時点のNetSuiteの経営陣の予想および信念に基づくものであり、アプリの開発およびリリースに問題が生じる等、将来予想に関する記述とは著しく異なる結果が生じるリスクや不確定要素が存在します。本プレスリリースにおける将来予想に関する記述は、本日時点でNetSuiteが入手可能な情報に基づいており、NetSuiteは将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。NetSuiteのサービスのご利用に関しては、現時点で利用可能な機能に基づきご判断くださいますようお願い申し上げます。本プレスリリースその他の文書において言及されているリリース前のサービスまたは機能は、現時点においてご利用いただけるものではなく、予定どおりにまたは全くリリースされない可能性があることにご留意ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事